【職住接近】電車通勤を辞めて自転車通勤を2年間してみてわかった5つのメリット

スポンサーリンク

どうも、なりじょし@narijoshi0125)です!

サラリーマンであればほとんどの人が電車通勤でしょう。

そんなぼくも電車通勤をしていた時代がありました。

参考までにぼくの場合は自宅から会社まで片道約40分。

往復で1時間20分もの時間を消耗してたんですねー

それを1年半続けてました…

なんてもったいない時間の使いかたをしてたんでしょうかw

そんな電車通勤に嫌気がさしたぼくは自転車通勤ができる場所に引っ越しました。

もう自転車通勤ヤバイです。メリットしかありません。

きっと自転車通勤(職住接近)をすればあなたは電車通勤に戻れなくなりますよ!

それでは電車通勤を辞めて自転車通勤を2年間してみてわかった5つのメリットをどうぞ!

 

1、驚くほどの時短

ぼくは現在、自宅から会社まで自転車で片道約15分圏内のところに住んでます!

往復で30分ということです。

電車通勤のときに比べると50分も短縮しちゃったんですねー

1年単位で考えると…

想像を絶する時間が短縮されることになるんですねーw

これだけ短縮されると家を出る時間も自然と遅くなり、ゆっくりとした朝が過ごせます!

ぼくは今、8時20分に家を出てますからね。

もちろん帰宅するのも早いので、家でゆっくり過ごす時間も増えます。

家事をしたり、じぶんの時間に当てたりとね。

 

2、満員電車からの解放

コレコレコレ!

なんでわざわざあんな苦痛な状況にじぶんは飛び込んでいたのかと思うとw

「早めに電車に乗ったらいい」とか「普通電車に乗ればいい」みたいな声がありますが、けっきょく電車に乗ることには変わりない。

電車に振り回されてるということですよねー

あ、あと満員電車って痴漢の冤罪が怖いですねw

やってもないのに疑われたら人生終わりですからね。

もはや電車に乗ることはリスクしかない。

その点、自転車通勤だったら人と体が触れ合うことがないのでそんな心配は必要ありませんね。

触れるのはお尻とサドルだけ!

 

3、遅延の恐れなし

日本の電車はほんと素晴らしいです。

ほぼ時間通りに電車が来て目的駅まで運んでくれるんだから。

学生のときであれば、「遅延してやっほーい!」はわかります。

ぼくも経験ありましたし。

しかし社会人であればそんなふざけたこと言ってられません。

まぁ会社でも遅延はオッケーな風潮がありますが、寝坊や体調不良の遅刻はなぜか白い目。

電車への信頼感が高めなのが謎w

「それなら残業にもっと敏感になれよ!」ってね。

とまぁ自転車通勤であれば遅延の概念なんてありません。

自転車が動かなくなったり天候が悪ければ最悪タクシーを捕まえればいい。

前の自転車が遅かったら追い越したらいい。

仮に道路で人身事故なんかあってももっぱら関係ない。

それは当事者同士の問題。

事故は事故で起きてほしくないことですが。

電車の場合はなぜかたくさんの人に影響がでる。

なにより自転車はじぶんのさじ加減でなんとかなるのです!

あ、でも交通ルールは守りましょうね。

参考:自転車はルールを守って安全運転~自転車は「車のなかま」

 

4、立って乗るダルさからの解放

これ地味に疲れます。

立ちながら新聞を読んだり、本を読んだりする人リスペクトします。

よく集中できるよね。

ぼくはいちもくさんに家に帰って落ち着いた状態で本や作業をしたいです。

自転車であれば立ちっぱなしの状態なんかない。

たしかに自転車に乗ってるときは本やスマホはいじれないけど、それでも早く帰れるのであれば良し!

 

5、お腹ピーピーからの解放

ぼくはお腹が弱いんです。

電車通勤のときは、よく途中下車してトイレに駆け込んでましたね。

しかも途中下車したにも関わらずトイレが混んでたときの絶望感w

なんかいお尻からコンニチハしそうになったか。

おかげさまで自転車通勤にしてからそんな悲惨なことはなくなりました。

きっと日ごろの疲れと電車通勤のストレスが重なってしまった結果、お腹を壊してたんでしょうね。

 

まとめ

もし今、電車通勤をしろと言われたらゼッタイできません!

それぐらい自転車通勤(職住接近)は快適です。

ぼくにはメリットしか見当たらりません。

こう思うと1時間かけて電車通勤してる人の考えはぼくには理解できませんねー

しかも遠ければ遠いほど通勤費が多くなって会社の負担も大きくなるし。

もし身軽に引っ越しできるのであれば会社の近くに住むのもアリですよ。

会社付近の家賃が高ければ、ぼくみたいにひと駅ぐらい離れたところに住めば安い物件もあります。

(大阪の前提でお話しさせていただいてます。)

時間はたいせつに使いましょうね!

 

いじょう。

 

スポンサーリンク