ほぼ定時退社を3年半続けてわかったメリット3つ

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます!

サラリーマンブロガーのなりじょし@narijoshi0125)です!

残業ってしたくないですよね。

しかも定時退社って憧れますよね。

ぼくの前職は労働時間が長く休みも少ない職種に就いていました。

さすがにこのままでは体と心が持たない。

それでじぶんの時間や家族の時間を増やしたいと思い、今の会社に転職をしました。

今の会社は9時~17時が定時です。

全くゼロではありませんが年に1、2 時間ぐらい残業があります。

ほぼノー残業の定時です。

それでは定時退社を3年半続けてわかったメリット3つを書きます。

 

自分の時間がギガギガ

ほんとこれにつきます。

17時30分には家に帰ってますから。

寝るのが0時。

6時間半も時間があるんです。

あわせて読みたい→「【職住接近】電車通勤を辞めて自転車通勤に変えてわかった5つのメリット

 

家事がサクサク

もちろんずっと自分の時間があるわけではないんです。

妻と共働きやから家事を分担してます。

ぼくの場合は家に帰って、晩ご飯と次の日のお弁当を作りを担当。

なんやかんや食べたり片付けたりしてたら20時ぐらい。

実際はそこから自分の時間ですかね~

でも家事を分担するにおいて定時退社はメリットだらけです。
 

妻とラブラブ

で、家事を分担するという事は妻に負担がかからない訳です。

もちろんぼくも家事が負担になるとか一切思ってません。

どちらかというと家事は好きなほう。

その他にも時間があるということは妻と過ごす時間も自然と増えます。

「休日はなにをするか?」

「今日は仕事でこんな事があった!」

とか。

いっけんどうでもいいような会話ですが意外にこれが重要。 

コミュニケーション大事。

これでお互いの関係はちょー良好。

これは我が家の妻と仲良しでいられる方法の1つでもありますね〜

 

まとめ

・もちろん今の日本社会でぼくみたいな勤務体系は珍しいです。

・稼ぐために働くのも大事です。

・でもぼくの場合はそこまで稼いで働きたくないのが本音。

それよりも家族の時間と自分の時間の確保をしたかった。 

・だからそれが可能な会社を選びました。

どんな形であれ理想はもっと働く時間を減らしたいです。

・そのぶん収入は低くなりますが。

・今後は妻とワーキングシェアできたらいいなと。

 

以上(_´Д`) アイーン




スポンサーリンク