【書評】青木真也さんの「空気を読んではいけない」の感想

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます!

サラリーマンブロガーのなりじょし@narijoshi0125)です!

Twitterがこの本の事で賑わっていたので、
さっそくamazonで購入!!

青木真也選手は名前だけ知ってました。

数年前の自演乙戦は
にわか格闘技ファンのわたしでも覚えています。

この本を読んで青木選手の強さ凄さが伝わりました。

格闘技はもちろん強いんですが、
また別の強さがあるんですよね。

その信念というか、考え方というかそのぜったいブレない心。

こんな事言うのは失礼かもしれませんが、
格闘家の人って試合の事しか考えてない印象でした。

でもこの青木選手は試合以外の事、
じぶんのマネジメントや報酬の交渉、
まさしく個人事業主のような格闘家です。

もう学ぶことが多すぎてビビりましたね。

一節だけ引用させていただきます。

「凡人が空気を読んでしまったら、 本当に「空気」になってしまう。」

やばくないですか?

この言葉が初めの方に出てくるんです。

日本人のほとんどが空気を読むように教育され、
あたかもそれが正しいとされてきました。

でも空気を読まずになりふり構わず、
なんでもしたらいい訳じゃなく、
じぶんの気持ちに素直になって、
時には冷静に考え、
じぶんの道を突き進もうと言いたいのだと思いました。

いやー
ほんとうに青木選手の凄さがわかる一冊でした。

 

スポンサーリンク