家を買わない5つの理由

スポンサーリンク

どうも、なりじょし@narijoshi0125)です!

大学を卒業して、会社に就職して、結婚して、子供ができて、家を買って……

上記のようなベタすぎるライフプラン。

そして家を買うというフィナーレ感

ちょっと待てよ。

人生最大の買い物のと言われる家。

なにげなく世間一般的なライフプランに組み込まれてるけど家買っちゃっていいのかい??

と思いました。

それでは僕が家を買わない5つの理由をどうぞ。

 

シンプルに高い

ふつうに家の値段って高い。

うん千万もするんですよ。

しかも平凡なぼくからしたら一括でなんか買えません。

ということはお金借りますよね。

いわゆるローーーンという最終兵器。

個人的にはよく平気で何千万も借金できるよねって思うのです。

ギャンブルや株は毛嫌いするのに家のローンはサクッと借りちゃうんだねって感じ。

しかも35年も返し続けないといけない。

束縛ハンパねーー

ぼくはそんな借金は背負えませんね。

しかも35年も同じ家に住みつづけるってちょっとしんどい。

もしローンを返せない状況になったらテンパる。

ぼくだったらきっとそうなる。

それと35年も今と同じ水準の給料を保てるほど日本は明るくないけどねー

社会保険料も年々上がってるのに。

 

後世に迷惑

子供が親の住んでいた家に住みたいって思ってるとは限らんしね。

いくら家の寿命が長くなったとはいえ、親が死んで子供が家を引き継ぐときは多少なりともガタがくるのは確実。

子供だって住みたい家とか場所ってあるやん。

それを親の都合で買った家をわざわざ子供に住まさようとしてる無言の圧力。

しかも相続ってめんどくさい。

これはぼくが体験したのでほんとのことです。

 

家にいる時間は?

35年ローンを組んでる人こそめっちゃ働いてる気がする。

いや。

働かなければいけない。

ということは家にいる時間って意外に少ないんじゃないかなーって。

たしかに奥さんが専業主婦であれば家にいる時間は長くなるけど、でも広い家を買うということは掃除する場所も増えるということですけどね。

子供だってもしかしたら高校卒業してすぐに家を出るかもしれない。

じゃあ35年の半分しか子供が家にいないわけ。

余った部屋がもったいないなーって。

とはいってもAirbnbのようなシステムもあるので、これから先はもっとAirbnbが活躍するから余った部屋問題は大丈夫かな?!



固定資産税と修繕費

忘れちゃいけないのがコイツら。

家を買うときにも税金をとられて、なおかつ住みつづけても税金をとられるっていう便利な仕組み。

あ、国にとってはね。

後世のところでも書きましたが、いくら家の寿命が長くなったとはいえ住んでいれば必ずどこかが故障したりします。

ぼくはこういう突発的な出費ってけっこうイヤ。

じぶんで直せる範囲であればぜんぜんオッケーなんですが、トイレが壊れたり、お風呂の給湯器が壊れたりとかって値段がどれくらいかかるのかよく分かりませんよね。

専門の人に直してもらうのであればそれなりの費用もかかるし。

それを仕方がないって思う感覚になることが怖い。

 

そもそも古い

世間一般的な流れで家を買ってしまうって古いなと。

ぼくも最近結婚をして妻が妊娠して、じゃあ次は家やね。

っていうことをよく言われます。

いやいや。

勝手に決めないでー

よく賃貸はお金をドブに捨てるもんやとも言われます。

じゃああなたは今まで使ったお金はどうなんですか?

健全に使えてるんですか?って。

なんか家を買うことが正しいっていう価値観が怖い。

しかも古い。

そりゃぼくが年収がうん千万もあれば秒速で家を買うでしょう。

でもじぶんの年収が低くてしかもじぶんの年収より高い家を買うってどうも意味不明。

背伸びしすぎじゃあーりませんか。

 

おわりに

賃貸をゴリ推ししてるわけでもありません。

買うか賃貸かどちらか選ぶとしたら賃貸なだけです。

どっちが得か論争もあるけど長い目で見れば見るほど先のことなんてわからない。

もしかしたら金利が最高に低くなる時代がくるのかもしれないし、家賃の相場が上がるかもしれない。

それはまさに神のみぞ知るってやつかなって。

家を買いたければ買ったらいいし、家を借りたければ借りたらいいし。

ぼくは5つの理由でもあげたように、

高くて買えない子供に迷惑がかかる余るであろう部屋がもったいない突発的な出費がイヤ古臭い

から家を買わないだけです。

もし買うのであれば今の収入に0を一桁プラスになってからか、宝くじで一攫千金かw

今日もそんな感じで大阪からお送りしました。

 

スポンサーリンク