会社の愚痴を無料でタレ流してるそこのあなた!今すぐ「社畜祭りだぞ!」に寄稿しないともったいないよ!

スポンサーリンク

どうも、サラリーマン歴4年のなりじょしです。

突然ですがあなたは会社で消耗していませんか?

もしくは全力でプロの社畜を演じていませんか?

おそらくイエスと答える人がほとんどだと思います。

いやぼくはすべてのサラリーマンがイエスと答えると信じてます!

じゃあもし、あなたが勤めてる会社での不満やちょっとしたおもしろいネタがお金に変わればどうですか?

そして転職回数が多いと不利と言われてる日本です。

じゃあもしあなたが転職をなんども繰り返し、その経験がお金に変わればどうですか?

さぁあなたも大声で口に出しましょう!

ぼく、わたしの会社での不満や転職経験をお金に変えたーーーーーーーーい

はい今すぐお金に変えましょう!

はい今すぐ月間100万PVブロガーの【☆←ヒトデさん(@hitodeblog)の新サイト(今日は社畜祭りだぞ!)に寄稿しましょう!

ということで今回はヒトデさんの今日は社畜祭りだぞ!に寄稿して実際どうだったのか?

メリットやデメリット、そしてぼくなりのポイントをお教えしたいと思います!

寄稿とはじぶんで書いた原稿をブログに載せてもらうこと。もしくは依頼されること。

ヒトデって何者??

まずは簡単なプロフィールをヒトデさんのブログ今日はヒトデ祭りだぞ!から拝借させていただきました。

愛知県在住! 24歳男性! 働きながらブログ書いてます!

当ブログは大体月間100万~120万PVの雑記ブログです!

文章書くのが好きです。超好きです

このブログは僕のそういった部分から出来ました

あとはジョジョを初めとした漫画が好きです! アニメも好き! つまりオタクです

連絡先とこのブログと僕についてから

なるほど。ぼくと同じプロの社畜なんですねー。

しかも働きながらブログ書いて月間100万PV。

月間100万PV!?

え?エ?ゑ?

社畜しながら100万PVとかふつうにスゲーよ。

もうヒトデじゃなくてスターミーやでw

「月間100万PVか。じぶんはPVぜんぜん無いわー。これじゃ寄稿なんて無理か………」

でも大丈夫です!ぼくは月間2000PVですが寄稿させてもらいました。

あくまで今回のヒトデさんの新サイトは会社の愚痴や不満、不満過ぎて退職や転職した体験談、みたいな会社で消耗もしくは社畜やってますがテーマです。

ブログでの実績は関係ありません!あなたの社畜の実績がほしいのです!

そんなヒトデさんの新サイトはこちら→今日は社畜祭りだぞ!

そしてぼくの寄稿記事はこちら→設計士4ヶ月、パティシエ3年、経理を4年。様々な職種を経験してきた、高卒の転職「変」歴

さぁ社畜のあなたはレッツ寄稿!!

 

LINE@の紹介

どうやって寄稿するの?寄稿の情報はどうやって手に入れたの?

そんなグイグイ来ないでくださーーい。

ちゃんと教えますのでご安心を。

さっそくですがあなたはヒトデさんをふくめて有名ブロガーのLINE@に登録してますか?

もしLINE@に登録していなければ今すぐ登録しないと損しますよ!

LINE@ってブログやSNSよりも上質な情報が落ちてるときがあるんです。

今回の場合は「新サイトを立ち上げます。寄稿してみませんか?」みたいな感じでぼくのLINEに通知がきました。

最初は100万PVブロガーの新サイトということでビビってた。

でもせっかく目の前にチャンスが落ちてるのに拾わないともったいないと思ったわけです。

なのであなたも今すぐLINE@に登録してみましょう!

通知がウザかったらブロックしたらいいだけです。

(そうそうスタンプもらうだけのためにLINEを登録してすぐに行う作業のアレ。)

登録にお金もかかりませんし。

そんなヒトデさんのLINE@の登録はこちら→ヒトデ君のLINE@始めました

(スマホから登録するのがオススメでーす。)

 

寄稿するメリット

アドバイスを受けれる

これめっちゃ重要です。

やはり100万PVブログを運営されてることもあって、たくさんの人に読まれるようなタイトルや文章を考えて記事を書かれています。

そしてぼくは最初の原稿を提出したときにこんなアドバスをいただきました。

 

・タイトルのインパクトが薄い

今のタイトルだと「高卒」しか情報が無く、インパクトが薄いかと思います

内容が素晴らしくても、まずはタイトルをクリックして貰えないと意味が無いので、ここは是非盛り込んで欲しいです。

たしかにいつもブログを書くときは内容にこだわりすぎて、タイトルまで気が回ってなかったなと。

 

・リード文で読者をつかむような文章にする

「(タイトル見て)何だこれどういう事?」

「マジでそんな経歴なの!?」

と興味を引いて、本文を読んで頂けると思います。

内容が面白いので、タイトル+リード文で読者を逃さないようにしていきましょう!

リード文とかタイトル以上になにも気にしてなかった...

 

・見出しを使う

「見出しを見れば何が書いてあるのかわかる」

というのは、この手の長い記事では僕が重視することの1つです。

見出しもなんとなーく使ってたなと反省しました。

見出しは検索にも影響アリとなにかに書いてあったのをそのとき思い出しましたw

 

ほめることも忘れないヒトデさん

記事の方読ませて頂きました。

いや、めっちゃ良かったです。

っていうかブログの文章書き慣れてるなー。って読んでて思いました。

読みやすくて素晴らしいと思います。

内容もユニークで素晴らしいです。特にまとめが良いですね!

社交辞令でもお世辞でもなんでもいい!

ぼくはただただうれしかったんだよーーー。

 

なんということでしょう♪

このアドバイスを受けた直後にこんな記事を書きました。

社会人の僕が大阪にあるTECH::CAMP(テックキャンプ)梅田校の無料説明会の体験談を書くよ

2017.02.05

これはプログラミングスクールの説明会の体験談を書いた記事です。

現在この記事は「テックキャンプ 梅田」で検索すると1ページ目に存在。

初めて本気で検索を意識した記事を書き、なおかつアドバイスを取り入れた結果でした。

ヒトデさんはもはや匠。

どんな記事でも読みやすくする技術を持ってるということです。

 

ヒトデさんと繋がりができる

寄稿後ヒトデさんからTwitterでフォローしていただきました!

愛知に祖母がいてるので実際に会えるところまでの繋がりをゲットしたいw

 

みんな大好きなお金がもらえる

これだよこれ。やっぱりお金が人を動かすんだよ。

お金なんていらないんで寄稿させてください!

オイオイオイオイ。なにキレイゴト言ってんだよ。

そういうやつに限って実際に寄稿してお金もらったらめっちゃよろこぶんだろうなー。

ほんと偽善者ぶってんじゃねーよ。

はいコレ全部ぼくのことですw

「お金うんぬんヒトデさんのブログに書かせていただけるのであれば是非とも寄稿したい!」←コレをヒトデさんに直接言った偽善者はぼくです。

「やべぇ。ブログでこんな額稼いだの初めてや。なに買おっかなぁ。」←コレを心の中で思った偽善者はぼくでーーーーすw

あなたもぼくみたいに偽善者ぶるのはやめましょうね。

 

寄稿するデメリット

とくに無し!!

あえて言うならパケット代がかかることかなー

巷ではブログは無料でできるできる言うてるけど、1番たいせつなことを忘れてる。

そう、このパケット代の説明が書いてないよねー

だからWi-Fi環境もしくはパケ放題に加入して寄稿することを強くオススメしますw

うん、たぶん、これぜったいいらない情報やねw

 

寄稿時のポイント

ポイントと言ってもたいしたことはありません。

変に肩ひじ張らずいつも通り書いて寄稿しましょう。

と言いながら100万PVという重圧にちょっと緊張したのはほんとのところです。

もし寄稿したことがないのであれば過去にヒトデさんは他のブログに寄稿されています。

こちらをご参考に→【寄稿】☆←ヒトデの、ヒトデ祭り以外で書かせて頂いた記事まとめ

 

寄稿後の様子

実際に寄稿してどうなったのか?

寄稿した記事下著者紹介のところに自分のブログURLを張りました。

なのでトップページへのアクセスが異常に多かったです。

それは思惑通りだったんですが、そこから個別記事に流れてない感がありました。

寄稿した記事が公開されるタイミングもあると思いますが、トップページの個別記事に読まれそうな記事があったらいいのかなと。

あと知名度を上げるためにもブログのプロフィールを改善するのもアリですね!

 

寄稿後にやるべきこと

Twitterでのシェアについてです。

ぼくの場合は寄稿記事が公開と同時にヒトデさんがTwitterでお知らせしていただきました。

時間は19時です。この時間はどういう基準かはわかりません。

その後、ヒトデさんもTwitterで拡散してくれます。

さすがにヒトデさん任せではいけないのでこちらも惜しみなく寄稿した記事をTwitterで拡散しましょう。

(やりすぎは禁物ですが。)

おそらくターゲットはサラリーマンなので拡散する時間も夜か朝がいいかもしれません。

それと他の読者さんがシェアしてくれたら、上記と同様に夜と朝にリツイートするのがいいと思われます。

そしてヒトデさんいわく現状検索からの流入が少ないため、SNSからの流入がほとんどだとツイキャスでおっしゃってました。

それでなくても普段のブログでもSNSでのシェアはたいせつです。

とくにブログを始めたばかりでは検索にすら引っかかりません。

寄稿したのならがんばってうざくならない程度にシェアしましょう!

 

まとめ

今回は初めて有名ブロガーの新サイトに寄稿した結果やメリット、デメリットを書きました。

最後にぼくから言わせていただきたいのは「初心者こそ寄稿してみよう!」です。

初めは人に文章を見られるのが恥ずかしいですよね。

しかもじぶんの書いてる文章が他人からはどんな目で映ってるのかなんてわかりません。

そういう意味でも思い切って寄稿に挑戦して、じぶんの文章の良いところや悪いところを実績のあるブロガーに見てもらのは最高の処方箋です。

もしあなたが会社で消耗してるもしくは会社の不満や愚痴がナイアガラの滝のように流れ出てくるのであれば今すぐ寄稿しましょう!

そしてついでにお金もいただいちゃおう!

さぁみんなでヒトデさんからお金を搾取しまくろうぜ!!!!

 

以上です。

スポンサーリンク