ブログ歴6ヶ月の僕がブログで稼ぎたい人に「やまもとりゅうけん」氏のワンコインnoteをおすすめしたい理由

スポンサーリンク

どうも、なりじょしです。

ブログで稼ぎたい!

でも、ブログでほんまに稼げるん?

はい。その気持ち、非常にわかります。

あなたと一緒でぼくもブログで稼ぎたいです。

あなたと一緒でブログでほんまに稼げるん?って思ってます。

そして巷によくあるじゃないですか。ブログで稼げる系の本やこれから紹介する有料記事(note)みたいなやつ。

ぼくも実際にブログ関連の本やnoteを何種類か見てきました。

もちろんぼくが見てきた本はどれもブログ運営や稼ぐことに大切なことは書いてます。

でも、なにか物足りない。

(それらの本やnoteが悪いわけじゃないですし、言い訳にもするつもりもありません。)

と思ってたとき、ぼくがほんとうに知りたかった稼ぐ系のノウハウ本に出会っちゃいました。

それは、やまもとりゅうけん氏がnoteで書いている「 りゅうけんの「稼ぐことしか考えないブログ論」」です。

けっきょく情報商材やんけ!!!

はい、慌てない慌てない。そんな発作的に熱くならないでください。

そんなあなたにひとつだけ言わせてください。

きっとこの記事を最後まで読んだあなたは、りゅうけん氏のnoteを秒速で買ってしまうでしょう。

いや、稼ぎたいのであれば買うべきです。

それでは、ぼくがブログで稼ぎたい人に「やまもとりゅうけん」氏のワンコインnoteをおすすめする理由をどうぞ!!

 

やまもとりゅうけんって何者?

まずはやまもとりゅうけん氏を知らないかたのために紹介します。

やまもとりゅうけんのプロフィール

1987年4月9日生まれの29歳で血液型はB型。

大阪生まれ大阪育った生粋の関西人。

大学卒業後は大企業に勤めるも、手取りも少なく、意味不明な飲み会の嵐。

そんな社畜っぷりに嫌気がさし、とりあえず稼ごうと副業に全力投球。

しかし、社会はそんな甘くありません。

なんと副業が会社にバレてしまい、りゅうけん氏はクビに。

その後、フリーランスエンジニアに転身したりゅうけん氏は、収入源の多角化を目指す。

そして現在はブログに新たな可能性を見つけ、少ないPVで大きな収益を可能にした。

詳細はこちら→やまもとりゅうけんのプロフィール

 

やまもとりゅうけんのTwitter

りゅうけん氏はときにTwitterでえげつない言葉をフォロワーに放り投げるのです。

 

ぼくが1番好きなのがこれ!

まぁぼくが解説するまでもなく、どのツイートも言わんとしてることがわかりますね。

たまにりゅうけん氏のツイートが炎上してますが、それをさらっとかわすのがまた素敵ですw

 

でも、ぼくはあえてりゅうけん氏にツッコミたいことがあるのです。

新卒1年目でクビからのフリーランス。

座右の銘は「収入源のMultiAZ」。

最高意思決定機関は嫁。

ブログ月商70万円以上、アクセスは月間7万PV以下。

最も無名なプロブロガー(自称)。

Twitterプロフィール(@ryukke)から

新卒1年目でクビからのフリーランス→壮絶さが伝わります。

座右の銘は「収入源のMultiAZ」→英語が読めんけどかっこいいやん。

最高意思決定機関は嫁→そんな尻に敷かれてるりゅうけん氏かわええやん。

ブログ月商70万円以上、アクセスは月間7万PV以下→なんも言えねー実績

最も無名なプロブロガー(自称)→コレ、早急に訂正してください。りゅうけん氏のフォロワーは3万人。無名ちゃうやん!!

 

やまもとりゅうけんのブログ

そろそろnote紹介しろよ!」と聞こえそうですが、もうしばらくお待ちください。

これまでの紹介でやまもとりゅうけん氏の生態についてはおわかりいただけたと思います。

しかし、りゅうけん氏のブログはTwitter以上にえげつないのです。

 

こんなエンジニアにもブロガーにも超絶ためになる記事を書かれたり。

キャリアの入り口としての派遣エンジニアはかなり「アリ」です。

若いエンジニア、またはエンジニア志望には、「派遣」という選択もあるということをぜひ知っておいてもらいたいなと。

元派遣エンジニアがオススメする登録すべきIT専門派遣会社5選

読者の背中を押してくれるりゅうけん氏。

 

ときにはグルメ記事を書かれたり。

さて、ここからは僕が食べた肉をさらけ出します。

お腹空いてる人は覚悟してくださいね。

どれも新鮮で最高の肉達です。

ああ、記事書いてたらまた食べたくなってきた。

やばい。

大阪淀屋橋コスパ最強焼肉屋「七つ星」がヤバい!

読者の胃までをもあやつるりゅうけん氏。

 

極めつけはTwitterで研ぎ澄まされた言葉の刃を使って読者を切り刻む記事を書かれたり。

だけど、知っているでしょうか。

組織のために自分の欲求を抑えこみ、やりたくもない仕事を大して気の合わない連中とやってる間に、あなたは世間にどんどん取り残されていくということを。

それが嫌なら、この記事を最後まで読んでください。

堂々と会社を辞められるメンタルが身につくと思います。

保証はしないけど。

仕事辞めるタイミングで悩む時点で会社に生き方支配されてるよね

読者を料理するりゅうけん氏。

 

これでぼくはやまもとりゅうけん氏のとりこになったわけです。

 

ぼくがnoteをおすすめする理由

お待たせしました。

それではぼくがやまもとりゅうけん氏のnoteをおすすめする理由を書きます。

ぼくがりゅうけん氏のnoteを購読し始めたのは今年の1月からです。

たった1ヶ月程度見ただけでおすすめするんかい!

いや、逆です。1ヶ月程度見ただけでスゴさがわかります。

だからおすすめするのです!

 

1、稼ぐために必要なことしか書かれていない

どんなことを書いてるのか?」は買ってからのお楽しみですが、さすがにそれじゃ伝わらないので1月に公開されたnoteの記事タイトルだけ紹介させていただきます。

【1月2日】物販アフィリエイトの商材の選び方と、書き方のコツ

【1月5日】月収○○○万円になったので、今後の稼ぎ方について色々考えてみた

【1月7日】ページ/セッションを上げるのって、結局、「記事下に何をどう置くか」だった

【1月11日】嫁のブログが順調に育っているのでどう指示しているかを解説してみた

【1月14日】最後まで読みたくなる文章の書き方

【1月17日】え?ブロガーでこのアプリインストールしてない人とかいないよね?

【1月21日】リライトって具体的に何やるの?についての回答

【1月23日再追加】多くの人が間違いがちなLINE@ 運用について。あと、ちょっとした稼ぐコツ。

【1月25日】「書きたいものを書きたい」は稼いでから言え。

【1月28日】え?まだASPで「特単」狙ってないの?

【1月31日再追加】ブログ運営で最も大事な「良い記事タイトル」の作り方

※リンクをクリックすると記事の冒頭だけ見ることができます。

(このリンクを張る作業地味に疲れたw)

どうですか?タイトルだけ見ても稼げることしか書いてない

ブログで稼ぐ系の記事ってマインドをけっこう重要視してるのが多いけど、りゅうけん氏の有料記事はマインドよりもテクニック系が多い。

だから稼ぎたい人におすすめしたい。

 

2、安すぎて逆に申し訳ない

ここまで稼ぐことに必要なテクニックを書いていたら高いんじゃないですか?

たしかに1,000円、5,000円、10,000円としそうですよね。

でもりゅうけん氏は月額500円でこの有料記事を販売しているのです。

どうですか?ワンコインですよ!ワンコイン!

破格すぎですwきっとブログで稼ぎすぎてお金の感覚がマヒしたんじゃないですかね?w

とまぁまずは試しに1ヶ月。購読することをおすすめします。

もし、気に入らなければ解約だってできるし。

ぼくは解約する理由が見つかりませんがねー

値段も500円でリスクはちょーー少ないです。

だまされたつもりでも買える値段だとぼくは思います。

 

3、信用があるから

これも意外にたいせつ。

それは人としてもそう。ブログの実績でもそう。

悲観的になってるわけじゃありませんが、ぼくが稼げる系のnoteを販売しても売れないと思うんですよね。

なぜかというと、それは信用や実績がないから。

で、ぼくはりゅうけん氏のブログを読んだだけで信用しました。

もちろんりゅうけん氏と直接会って話したことはありません。

ブログを読んだだけで信用するのはいかがなものか?

それを言われたらそこまでなんですが。

逆に会ったこともないのに信用させるりゅうけん氏の実績や文章力がすごいのです。

だからぼくはこのワンコインnoteをおすすめしたい。

だって文章だけで人を信用させてしまうのだから。

そして、何より、自分の過去の体験や価値観が、誰かの人生に少しでも良い影響を与えるきっかけになることができるなら最高だと思うんです。

りゅうけんのブログへの想いから

 

まとめ

さて、あなたもりゅうけん氏のnoteを読んで稼ぎたくなったんじゃないですか??

そんなあなたにリンクを張っておきます。

noteでワンコイン配信開始!【りゅうけんの「稼ぐことしか考えないブログ論」】

上記リンクはりゅうけん氏がnoteの概要と内容を説明された記事です。

そしてこちらがnoteへ直接飛べるリンクです→りゅうけんの「稼ぐことしか考えないブログ論」

ちなみにnoteを最後まで読むと、りゅうけん氏から挑戦状がもらえますw

ブログをすでに始めてる人はぜひとも挑戦していただきたいですね!

 

以上!

スポンサーリンク