大阪でつけ麺を100種類食べたマニアがつけ麺のルールと食べ方を7つ伝授します

どうも、なりじょし@narijoshi0125)です。

大阪でつけ麺を200杯食べた男が以外に知ってるようで知らないつけ麺の食べ方とぼく独自のルールを書きます!

 

早めに到着が鉄則

すごい有名店ではないかぎり開店の5分〜10分前に到着していたら、大阪では並ばずに入店できます。もし開店前に行列ができていればまず食べログで席数を確認します。

そして最初の回転で入店できそうになければ諦めてちがうお店に行きます。ぼくの場合かなりの有名店に行くことはオススメしません。それはなぜかと言うと、有名店は県外から来る人もたくさんいてます。

そうなると県内だけではなく県外の人と勝負にもなるのでかなりの前の時間から並ばないといけません。ぼくはつけ麺は好きやけど並ぶ時間はもったいないです!

 

スープまで飲みきるために

麺の量はかなりお腹が減ってないかぎり並盛しかたのみません。スープは残さず全ておいしくいただきたいので。後にも書きますがスープをおいしくいただける方法があります!

 

麺が主役の食べ物

つけ麺が到着したらまずは麺をつけダレにつけずに麺だけ先に食べましょう。つけ麺は麺が主役の食べ物です。小麦の味と麺の食感をぞんぶんに楽しんでください!

 

つけダレを冷まさない工夫

つけ麺はつけダレが冷めるからキライっていう人がほとんどです。そんな時はこんな工夫をしてみましょう!つけダレに麺を半分ぐらいつけて食べます。しつこいようですが麺が主役の食べ物です。

麺をつけダレに全部つけるのではなく半分だけつけるのです!そして麺が残り少なくなってからつけダレに麺を全部つけると少しだけ緩和されます。

 

ひたすら麺をすする

チャーシューや味玉などのトッピングを楽しみながら麺をすすりましょう。すする音なんて気にしてはいけません! 逆にすする音をアピールしましょうw

 

味の変化も楽しめると上級者

麺を半分ぐらい食べたらスダチやレモン、ブラックペッパーを麺にふりかけましょう。※お店によって提供されない場合があります。ここで味の変化を楽しみます。ポイントは麺にかけることです!そうするとちょっと上級者に見えます。

 

通の極み

麺を食べ終えたらつけダレが少しだけ残ります。そのままでも飲めるのですが濃いと感じる人もいます。そんな時は「すいませんスープ割りください」と定員さんに言いましょう。

濃いつけダレをスープで割ってくれます。これでつけダレが飲みやすくなりまた違った味を楽しめます。

 

まとめ

れがつけ麺を8年間食べた男が伝授するおいしい食べ方とルールです!