どうも、大阪から鳥取に移住した凡人28年生のなりじょしです。

凡人ってけっこうイラっとワードですよね。「お前は凡人だ!」とか言われたらちょっとムカつきませんか?でもそれって仕方がないことですよね。

だって今まで凡人の考えで、凡人の行動をして、凡人の結果で生きてきたのだから。それはぼくも一緒です。

きっとこの記事を読んでるあなたも凡人でしょう。いや、ぜったいに凡人だね。

そんなあなたは今すぐ『凡人を脱するための10の考え方』を読んで凡人を脱出し、個人でめっちゃ稼いでるイケダハヤトさんの考えを吸収しよう。

イケダハヤトさんってどんな人?

まずはイケダハヤトさんの紹介から。

1986年神奈川県生まれ。

2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。と思いきや会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職。

ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。会社員生活は色々と辛かったので。

2011年からはブロガーとして、高知県を中心にうろうろしています。

著書に「年収150万円でぼくらは自由に生きていく(星海社)」「武器としての書く技術(中経出版)」「新世代努力論(朝日新聞出版)」などがある。

まだ東京で消耗してるの?から

とまぁイケダハヤトさんは現在、高知県の限界集落でブログを書きながら生計を立ててられるんです。

しかもそのまだ東京で消耗してるの?というブログは月商400万円。そんな個人でバリバリ稼がれているイケダハヤトさんの考えが知れる本なのです

 

目次をサクッと紹介

目次でどんなことが書かれているかを知りたいかたはご覧あれ。

  • 1.「論理的であること」の限界を知っている。
  • 2.本音で生きている。
  • 3.時間の無駄に敏感である。
  • 4.自分のやっていることは「遊び」だと思っている。
  • 5.将来のことを考えない。
  • 6.お金の不安に囚われていない。
  • 7.無理をしない。
  • 8.尊敬をテコにする。
  • 9.「自分」に囚われない。
  • 10.変化を楽しむ。

と、なぜあなたが凡人なのか?そしてどうやったら凡人を脱出できるのか?が10個の理由を使って書かれています。

 

『凡人を脱するための10の考え方』で印象に残った文章

ここからは実際に『凡人を脱するための10の考え方』を読んで印象に残った文章を紹介します。

凡人は時間の使いかたが幼稚園レベルで下手

どこまで「時間の無駄」に対してストイックになれるか。「みんなそうしているから」という理由で、貴重な人生を浪費している人は、そりゃあ、いつまで経っても凡人ですよ。まずは時間の使い方から見直しなさい。そういうことです。

位置No. 115

例えば休日の回転すし屋を想像してください。めっちゃ並んでますよね。

今でこそスマホで予約できるからいいものの、それにしても混雑する曜日や時間にそういうお店や施設に行って時間を浪費するのは凡人のすることです。

ぼくの場合は曜日をズラしたり時間をズラしたり、混雑を回避して時間を有効活用してます。

そもそも、休日に出かけても休日料金は取られるしでメリットがまったくないのにも関わらず、わざわざそこに飛び込む人もどうかなと思う。生粋のドMなのかな?

あなたが休日で人混みに消耗してる中、ぼくは休日でもこうやってブログを書いて情報発信してます。ほんと楽しいです。

ぼくもまだまだ時間の使いかたが下手くそです。まぁ幼稚園レベルとまでは言いませんんが高校生ぐらいのレベルだと思ってます(自称)。

これからもっと時間の使いかたをうまくなって生産性の高い仕事、人生を送りたいですねー。

変化することへのメンタルレベルが低い

変化することを前提として捉えましょう。 新しいことを始めることを、当たり前にしましょう。 何かを始めるために、理由なんていらないのです。 直感が「やったほうがいいよ」と囁いているのなら、それで十分、やってみるのです。

もちろん、あなたの挑戦は失敗に終わることもあります。 でも、それはあたりまえ。 だから、何度でも、始めるのです。 その繰り返しによって、あなたは非凡な人間へと成長していきます。 とにかく、環境を変えてください。

位置No. 284

誰しも今の場所やポジションの居心地がよくてなにも変わろうとしない人っていますよね。

そして新しいことに挑戦するってかなりハードルが高い。あーわかります、わかりますよー、その気持ち。

どちらかと言うとぼくも変化するのは苦手はほうでした。仕事とかでも新しいやり方やシステムが導入されたときにはもうアタフタ。

でもね、新しいことに挑戦すると気づくんですよ。意外になんとかなってるなーって。

なのでぼくは大阪から鳥取に移住することをサクッと決断できたわけなんですよ。

やっぱり現状維持っていうのが1番人をダメにするんだなんと最近ようやく気づきましたね。

 

まとめ

記事のタイトルでは個人で稼ぐために必要な考えが学べると書きましたが、これはサラリーマンでも必要な考えかたでもあります。

大企業安全神話が崩壊しつつある世の中です。あなたの会社だって倒産や解雇になる場合もあるのです。

それに備えて副業を始めたりして、個人で稼げるスキルや考えかたが遅かれ早かれ必要になってくると思います。いや、ぜったい必要です。

とは言ってもこの『凡人を脱するための10の考え方』を読んでいきなり凡人を脱せれるわけではありません。

日々の考えや行動を凡人んから非凡人に変えなくてはならない。

少しづつ少しづつ変えていこうぜ。