堀江貴文さんの「君がオヤジになる前に」を読んでオッサン脳から解放されよう

どうも、なりじょしです。

実はこの「君がオヤジになる前に」は6年前に発売された本なんです。でも内容はいま読んでもまったく時代が遅れてる感じがしなかったです。

じゃあそもそもオヤジってなに?ってことですよね。

一般的なイメージだと競馬場に居てるおじさんとか、居酒屋で上司の愚痴を言ってるおじさんとか、この何十年当たりまえのように目にしてるおじさん達が=オヤジですかね。

それで堀江さんはその昔ながらのオヤジを否定し、これから昔ながらのオヤジにならない為の考えかたや行動を示してくれる内容の本です。

堀江さんが言うオヤジは上にも書いた昔ながらのオヤジもそうで、家のローンを35年で組んだり、無意味にたくさんの保険に入ったり、好きでもない仕事を定年まで続けたり、結婚しても自分の見た目を気にしなかったり。

要するにじぶんの頭でなにも考えず周りに流されるがままのオヤジになるな!ということを言ってるのです。

それでオヤジにならにようにぼくがとくに実践していることは情報を浴びまくること。堀江さんはこの「情報を浴びまくる。」という言葉をよくおっしゃってます。

情報を浴びまくると言ってもやることはいたってシンプルです。スマホでひたすらニュースキュレーションアプリ(グノシー、スマートニュース…)やおもしろそうなブログを隙間時間を使って見るだけです。

もっというとSNSやブログを使って自分の意見をまじえながら発信するとより効果的。

さあ、自分の頭で考え、そして行動し、自分自身で昔ながらのオヤジになるのを阻止しよう!最後の章ではカイジやアカギの作者で有名な福本伸行さんとの対談もありますので是非!