どうも、なりじょしです

いきなりですが、ブログで飯が食える!って憧れませんか?いやーブログで飯を食うって宝くじのように夢みちゃいますよねー。

じゃあ「僕も、私もブログで稼ごう!」。はい、ぼくが言うのもアレですがそれはかなり危険です。

で、この染谷昌利さん著書の『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』では楽して簡単にブログで飯が食えるっていうノウハウ本ではありません。

どちらかというとブログを書く上で必要な考えや精神論が学べる本です。とは言っても少しだけノウハウも紹介はしていますが。

「なんや精神論かいな」って、思った人はむしろ読むべきですね。個人的にはブログで収益が上がるノウハウ本よりもこういう精神論的な本の方が好きです。

考えてみてください。妻子が居てサラリーマンを辞めて貯金が底を尽きそうでしかもブログでなかなか収益が出せない状況。

そこまでの状況になったらあなたはどうしますか?っていう話。もしぼくだったらかなりあたふたしますね。

やっぱりサラリーマンに戻ろうかとか考えたり。でも戻るとなんかプライドがへし折らる感。

で、著者の染谷さんはブログでなかなか収益があがらないとき、奥さんに相談をして奥さんに喝を入れられて初めてブログへの火がついてそこからどんどん収益も上がっていったそうです。

でも、そんな状況ってサラリーマンじゃ考えにくいです。多かれ少なかれ毎月決まった日に給料が振り込まれる。

それって普通にありがたいですよね。もちろん会社の状況にもよりますが。

なので楽して簡単にブログで飯が食えるっていうのは安易なのです。ブログはあくまで手段。ブログが勝手に稼いでくれるわけではありません。

誰がそのブログを書いているかが重要なわけであって、ぼくみたいな初心者がいきなりブログで飯が食えるわけではありません。

だって見ず知らずの人が勧める商品をあなたは買いますか?それは飛び込みのセールスと一緒ですよね。

アフィリエイトも恐らく今から始めたら飽和状態で参入が難しいのかなって思います。

だれもが手を付けていない情報じゃないと。それか天才か。まぁお小遣い程度の収益は見込めるかもですが。

やっぱりぼくにできることは毎日記事を書くことのみです。

個性を収入に変える生き方ってブログ問わずこれから大事な生き方になってくると思います。

この『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』は内容がとても濃いので一回読むだけじゃ頭に入りませんでした。

もう一度、いや何度でも読み返したくなる1冊です。