どうも、なりじょしです。

「アフィリエイトの勉強したいけどどの本を読めばいいかわからない。」

はい、そんなときには染谷昌利さんとイケダハヤトさん著書の『世界一やさしいアフィリエイトの教科書 1年生』という本がオススメです。

いやーなんて優しいタイトルなんでしょうか。ぼくはこの世界一やさしいというフレーズに惹かれまんまと買っちゃいました。

そしてもしこれからアフィリエイトを始められるのであればこの一冊でじゅうぶんですね。

ほんとうに本のタイトル通りアフィリエイトを始めるのにぴったりの教科書です。

少しだけ本の中身の流れを紹介します。

まずはアフィリエイトってなに?から始まり、グーグルアドセンスとの違いやブログの開設方法。

そして実際の広告の張り方や、自分に合ったアフィリエイトのスタイルを見つけ、その為にはどうしたらいいか?

まさしく世界一やさしく教えてくれる本です。そしてぼくが1番楽しみにしていたのが東京から高知に移住したプロブロガーのイケダハヤトさんがの章です。

この世界一やさしいアフィリエイトの教科書を読むまで知らなかったのですが、

イケダハヤトさんはアフィリエイトを2、3年前に開始。それまではグーグルアドセンスで収入を得ていたとのこと。

いや、それだけでも十分すごいですよね。逆に始めからアフィリエイトをしていたらもの凄い収益になっていたのではないかと勝手に妄想してしまいます。

そんなイケダハヤトさんの章から引用させていただきます。

「これ超面白い!」と興奮しながら書いているときの文章は、ちゃんと読者にその興奮が伝わります。

たしかに書いてるときに興奮するとスラスラ書けますよね。もちろん興奮してないときはまったく進まない。

記事をたくさん書くことも大切ですが、やっぱり書くことに慣れてきたら読者のこと(質)を考えて書きたいですね。