経理をするのに簿記の資格が必要なのかを日商簿記2級取得者が解説

経理

どうも、なりさんです。

経理へ転職したいけどやっぱり簿記の資格って必要??

とこれから経理を目指そうとしてるあなたはこんな疑問を1度は持ったんじゃないでしょうか?

ちなみに僕はこちらの記事【社会人から経理(簿記)の専門学校に通うメリットとデメリット】にもあるように、専門学校に通い簿記の資格を取り経理へ転職しました。

「じゃあ簿記の資格がないと経理できないじゃん!」

とツッコミしたくなりますよね。

たしかに経理をする上で簿記の資格はあった方がいいです。

そうです。

簿記の資格はあった方がいいです。

だからと言って絶対に必要か?と言われるとそうでもなくて。

そこで今回は簿記の資格を持っている僕が、経理をする上で簿記の資格は必要なのか?について解説していきたいと思います。

簿記の資格がなくても仕事はできる

まずはじめに、経理は「医者の免許がないと医者の仕事ができない」というような仕事ではありません。

なので「簿記の資格がないと会社のお金を触れない」とかでもないのでご安心を。

と、冗談はさておき。

簿記の資格を持ってなくて経理をやってる人はけっこういてましてですね。

例えばよくあるのが、小さい会社で社長の奥さんが経理をやってるパターン。

おそらく上記のような奥さんのパターンは、旦那さんがいきなり社長になり、自然と奥さんが経理をやることになるので、簿記の資格とかないままにやってると思うんですよ。

(ゆくゆくはこの奥さんも簿記の資格を取るとは思いますがね。)

実際に前の会社で、簿記の資格がないにも関わらず経理をやっていた人もいました。

さらに僕自身簿記の専門学校に通い、簿記の資格も持っていますが、なんだかんだ言って実務で簿記がちゃんとわかったって感じです。

なので必ずしも簿記の資格がないと経理の仕事ができないっていう訳でもありません。

簿記の資格がなければ転職活動で不利になる可能性がある

とは言ってもですよ。

やっぱり簿記の資格はあった方がいいんですよね。

なぜならば転職の時に有利だからです。

たしかに経理は簿記の資格がなくてもできる仕事ではあるんですが、やっぱり経理をするなら簿記の資格持ってて当たり前だよねって風潮はあります。

実際に経理の求人票で「実務経験◯年以上、日商簿記◯級必須」みたいなこと書かれていますからね。

無資格未経験でも採用してくる会社は少なからずあるかもしれませんが、そう言った会社は経理の人員に余裕があるかスーパー経理マンがいるかのどっちかだと思います。

でも実際のところは経理の仕事を教えながら、簿記のことを教える余裕なんかないんじゃないかなって。

簿記の資格は経理をする上で必要ではないが、経理になる上で必要

はい、最後のまとめ的な話になります。

簿記の資格は経理をする上では必要ではありません。

なぜならば資格がなくても実務で十分に簿記のことを理解することができるので。

むしろ実務の方がめっちゃ勉強になります。

ただし経理になる(経理へ就職、転職)上では必要です。

なぜならば簿記の資格を持ってるだけで採用のハードルが下がるからです。

なんにしろ経理としてずっとやっていくのであれば、絶対に簿記の資格を持っておいたほうがいいですね!