どうも、経理の専門学校に通っていたなりさん(@narijoshi0125)です。

ぼくは高校卒業後社会人として4年働いたのちに経理の専門学校へ通い経理へ転職しました。

経理へ転職した経緯はこちらの記事【実体験】高卒の僕が経理へ転職するためにやった事とは?で書いてますので参考までにどうぞ。

そして今回は経理(簿記)の専門学校について書こうと思います。

じゃあ経理の専門学校の何について書くのかと?と言うと。

経理の専門学校と言っても大学と一緒で特色や特徴がいろいろあるわけで。

なので今回はぼくが経理の専門学校を選ぶときに重視した5つの基準を書くことにしました。

これから経理の専門学校に通うと思ってるかたはぜひ参考にしてみてください!

経理の専門学校によくある特徴

と、その前に経理の専門学校によくある特徴を紹介します。

・就職に強い
・資格に強い

まぁほとんどの専門学校で上記の2つをプッシュしてるんじゃないですかね。

でもですね、実際に卒業して思うんですが「就職に強い、資格に強い」ってさ…

そんなことわざわざプッシュしなくてもさ、強いのが当たり前であれよって思うんですw

ほとんどの人は就職や資格取得にコミットして入学するわけなんだからさ。

あと「就職率○%!」「合格率○%!」に踊らされちゃいけませんよ。

正直、あの数字がほんまかどうかわかりませんからね入学する側からしたら。

もちろん嘘の%を記載したらダメ、というかしてないと思うんですが、結局は就職も資格合格も自分しだいなんでね!

と、軽く物申したところで本題の5つの基準を今から書いていきます。

 

地元の就職に強いか?

どこの経理の専門学校でも就職に強いとは思います。じゃあどこの就職に強いのか?って話です。

ぼくの場合は地元でもある大阪で就職するつもりでした。

なので大阪の企業のことに詳しくそしてパイプがある専門学校を選びたかったわけです。

「え?でもそんなこと入学する前からわかるの?」

はい、わかりませんw

でも1つだけ参考にできるポイントとしては学校名にあなたが実際に働きたい地名が入ってるかどうかです。

例えばぼくの場合は大阪で就職したかった。

なので「大阪簿記専門学校(仮)」のような感じで地名が入っている専門学校を選びました。

これだったらなんか地元のことに詳しそうな経理の専門学校って感じがしませんか?

 

簿記以外のことも学べるか?

もちろん経理をする上で簿記の資格はあるにこしたことはありません。

簿記の資格の有無についてはこちらの記事経理は簿記の資格がなくてもできる!けどあった方が有利なのも事実。なワケで書いています。

でも実際の経理実務では簿記の知識以外にも「給料計算」「年末調整の処理」「社会保険や税金の手続き」と言った、簿記以外の知識を要する場面が多数あります。

なのでぼくは簿記以外の授業もある学校を選び「電卓の授業」や「会計ソフト使って仕訳を入力する授業」「ビジネス実務法務」などを学びました。

しかも授業が簿記ばっかりだとさすがに飽きまからねw

 

自宅から通いやすいか?

わざわざ何時間もかけて通うのはすごい時間がもったいないなって思うんですよ。

だって通学にかかる時間が短ければ短いほど資格取得に向けた勉強の時間に充てられるわけですし。

曜日や先生の都合によっては1時間しか授業がない場合もありますしねー。

なんか損した気分になりませんか?

あと学割が使えるとはいえ通学にかかる交通費もバカにならなくてですね。

やっぱり近ければ近いほど交通費は浮くわけで。

その浮いた交通費で授業料にも充てることもできますし、テキストや問題集を購入する費用にも充てれますし、ね。

 

地名度が低いか?

「知名度が低い?」って思いますよね?思いましたよね?

ふつうは「知名度重要やろ。」ってなりますよね?

でも「知名度が高い=広告などの宣伝にお金かけてる」わけですよ。

もちろん広告を出すだけの資金力があるということは、学校の設備や授業、就職のサポートにもお金をかけれるということ。

でもそのお金はどこから生まれるかと言うと、生徒の入学金や授業料から生まれるわけなんですよ。

結果、高いお金を払わなければなりません。

ぼくはそこまでお金に余裕がなかったので知名度よりも、授業料や学校の実績と言った中身を重視して選びました。

 

先生がおもしろいか?

「え?入学する前から先生のおもしろさとかわかるの?」って思いますよね。

はい、気になった学校があれば是非ともオープンキャンパスまたは学校説明会に行ってください。

そして実際に行けば先生がいろいろ説明してくれます。もちろん広報的な人が説明する可能性もあります。

ただ、ぼくの場合は先生が学校について全て説明してくれました。

その説明がめちゃくちゃおもしろかったんですよねw

「あ、この先生の授業って絶対おもしろいんやろな。」って確信できました。

イメージで言うと東進ハイスクールにいてそうな感じの先生ですw

で、実際に入学してその先生の授業を受けたらやっぱりおもしろかったんですよね。

キャラもいい感じに仕上がっててw

その先生のおかげで簿記の資格を取得できた!かどうかわかりませんが(オイッw)

でも間違いなく言えることは簿記のおもしろは伝えてくれましたね!

 

おわりに

学校によって特徴はそれぞれです。

基本的にはどこの専門学校も就職や資格に強いとうたっています。

なのでぼくのように自分なりの「選ぶ基準」と言うものがあれば、自分にあった経理の専門学校が選べるんじゃないでしょうか。

ただ、経理の専門学校に通えば必ず経理に転職できるとは限りませんし、簿記の資格等も必ず取得できるとは限りません。

あくまでも専門学校はあなたの転職や資格取得をサポートしてくるれツールです。

専門学校に入学することが目的ではなく、入学してからどうがんばるかが今後を左右するわけです。

ぼくも1度社会人を経験してからの専門学校だったので、最後のチャンスと思って通っていました。

とは言っても就職が決まった2年目はアルバイトにいそしんでいたってのは内緒でw

でもこの就職が決まったのも1年目に就職する上で必要な資格を必死こいて取得したからだと思っています。

入学してからがはじまりです!