クレジットカードでbitFlyerのビットコインを買うメリット、デメリットと購入方法

どうも、ビットコイン初心者のなりじょしです。

さて先日、ビットフライヤーでアカウント登録からアカウントクラスをビジネスクラスにしました。じゃあ次になにをするのか?もちろんビットコインを買うことですよね。

そしてビットフライヤーでは2つの方法でビットコインが買うことできます。1つ目は銀行からビットフライヤーに入金して買う。2つ目はクレジットカードで買う。

そこでぼくは手軽に買えるクレジットカードでビットコインを買うことにしました。「じゃあどうやってクレジットカードでビットコインを買うの?」「クレジットカードでビットコインを買うメリット、デメリットは?

というあなたに、今回はクレジットカードでbitFlyerのビットコインを買うメリット、デメリットと購入方法を紹介します。それではどうぞ。

クレジットカードで買うメリット

まずはメリットから。

24時間365日買うことが可能

ビットコインは24時間レートが動いています。いざ土日や深夜に銀行口座から入金しようと思っても、銀行は営業時間外なので入金ができないのです。

しかしクレジットカードであれば深夜だろうと土日だろうとビットコインがいつでも買えるわけなんです。

ただしネットバンクを使えばクイック入金という24時間365日入金が可能なシステムがあります

定期購入が可能

いくら24時間365日ビットコインを買えたとしても、ほとんどの人が画面に這いつくばってレートを見ることなんてできません。そんなときに便利なのが、定期購入です。

なんとクレジットカードを使えば日付を選んで買えたり、曜日を選んで買えたりと定期的にビットコインが買えるのです。定期的に買えばドルコスト平均法というリスクを分散できる投資法が可能になります。

ドルコスト平均法とは、値動きのある金融商品を購入する場合に、毎月(定期的に)一定の金額ずつ購入することにより、毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法です。

ドルコスト平均法においては、価格が安いときは沢山購入し、逆に価格が高いときは少量しか購入しないため、平均的な取得額が分散されるという仕組みです。

そのため、結果として安い平均取得価格で投資ができるというメリットのある投資法です。

投資信託とドルコスト平均法 – 投資信託入門講座から

VISAとMasterCardに対応

国内、海外問わず利用の幅が広いのが特徴のVISAとMasterCardに対応しています。なのでほとんどの人が持ってるクレジットカードで対応できるのではないかなと。

1,000 円から最大 100 万円までご購入可能

ぼくは大富豪ではないので、この購入幅で申し分ないですね。しかも1,000円から買えるのも魅力的ですね。

クレジットカードのポイントが貯まる

基本的にクレジットカードでなにかを購入するとポイントが貯まりますよね。もちろんビットコインを購入しても同じようにポイントが貯まるわけです。

クレジットカードで買うデメリット

続いてデメリット。

購入後、1週間売却と送付ができない

ぼくは買ってから知ったんですけど、クレジットカードでビットコインを購入すると、1週間売却と送付ができないんです。ほんとこれは気をつけてくださいね。

ビットコインを保有し続けるのであれば大丈夫なんですが、デイトレーダーのようなことをするのであればデイトレならぬウィクトレになるので。

決済手数料がかかる

これも買ってから知りました...クレジットカードでビットコインを購入すると決済手数料がかかるという。ビットフライヤーのサイトではクレジットカードの手数料は公表されていません。(これ、けっこう重要なことなのになー...)

なので手数料のことについて書かれているブログなどを探しました。そして探した結果、1%〜8%ぐらいだそうです。まぁなんとも幅が広めなこと。もし、手数料が気になるのであれば銀行口座からビットフライヤーに入金してから買うことをオススメします。

手数料についてはこちらから。

クレジットカードで買う方法

最後に買う方法です。

まずはログイン後の画面からクレジットカードで買うを選択します。

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

すると下の画面が出てきます。

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

この画面で【今すぐ購入】か【定期購入】を選びます。ぼくは10万円分を【今すぐ購入】で買いました。そして購入金額を入力後【購入内容確認画面に進む】を押します。

定期購入の場合は下の画面になります。

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

特に難しい設定もないので簡単に購入できますね。

次はクレジットカードの情報を入力します。

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

入力が済んだら【決済する】を押します。

するとお支払い手続き完了画面が登場。

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

ここでホームに戻るかクレジットカードの登録かを選べます。

クレジットカードで購入後

はい、最後にクレジットカードで購入したあとは画面上でどうなるのかを確認してみます。

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

ちゃんとBTC資産の数量にビットコインが入ってますね。しかし隣の使用可能のところを見てみるとなにも記載されていないですね。これがデメリットでも書いた、1週間売却と送付ができないという状態なんです。

そして1週間後...

クレジットカードbitFlyerメリットデメリット購入方法

ちゃんと使用可能のところに購入したビットコインが表示されていますね。

まとめ

はい、今回はクレジットカードでbitFlyerのビットコインを買うメリット、デメリットと購入方法について書きました。なんでもメリットやデメリットがあります。

それをちゃんと理解したうえで買うのであれば問題ないです。と言ってもぼくはメリットばかりに目がいってデメリットに気づいてませんでしたが。まぁ結果的にビットコインが買えたら手段はなんでもいいんじゃないかなと。

以上。

スポンサーリンク