どうも、現役経理のなりじょし(@narijoshi0125)です。

ぼくは簿記の専門学校に通いながら簿記の資格を取得しました。

それで実はですね!この簿記の資格って3種類あるんですよね!

知ってましたか?

ぼくは簿記の専門学校に通うまでは簿記の資格が3種類あるなんて知りませんでしたw

知っていたのは簿記の資格ではメジャーの日本商工会議所が主催する日商簿記検定。

で、3種類あるということはこんなことが考えられませんか?

「よーし簿記の資格申し込むぞー!」

受験当日...

あ、あ、あ、ウソやん。受けようと思っていたやつじゃない...

ちょっとオーバーに書きましたが、おこりうる可能性もゼロではないと思うんですよ!きっとw

なので今回は現役経理でかつ簿記の資格を持っているぼくが簿記の資格の種類について書きます。どうぞ!

持ってれば間違いなしの日商簿記(難易度★★★)

簿記の資格と言ったらコレ!ってのが日商簿記です。

簿記のことを知らない人でもなんとなく日商簿記って聞いたことあるって人も多いと思います!

経理の求人票の必須資格でも「日商簿記○級以上」と書いてあるぐらいメジャーかつ重要なのが日商簿記。

そしてこの日商簿記は初級、3級、2級、1級とあります。

難易度としては後から紹介する全商簿記、全経簿記よりも高めです。

ちなみに初級は2017年に新たに加わりなんと、ネットで受験できるんです!

で、合格率は下記の通り。

  • 1級→8%〜10%
  • 2級→20%〜40%
  • 3級→30%〜50%
  • 初級→50%前後

3級と2級に合格し、1級を少しだけ勉強したぼくから言えることは。

どの級も簡単ではありません。

それなりに勉強は必要。

とくに1級は2級とのレベルの差がありすぎるぐらい難しいです!

ほんと準1級を作ってくれよ!って思うぐらいのレベルなわけ。

3級と2級はどってかって言うと計算がメインなんですが、1級は税金や会計などの知識的な問題がメインなんです。

もちろん1級でも計算もあるんですが、あまりにも難しくて勉強を挫折しましたw

日商簿記の詳細ついてはこちら

 

商業系の学生がメインの全商簿記(難易度★)

商業高校の学生が勉強し取得するのが全国商業高等学校協会が主催する全商簿記。

こちらは日商簿記ほど有名ではありませんが、簿記の資格の中では日商か?全商か?てな感じ比べられたりします。

で、合格率は下記の通り。

  • 1級→30%〜50%
  • 2級→40%〜60%
  • 3級→40%〜60%

見ての通り日商簿記よりも合格率が高いことがわかりますね。

全商簿記についてはぼくは勉強がしたことがないので、ここからは全商簿記1級を取得しさらに日商簿記2級も取得した妻の体験談をもとに書きます。

  • やっぱり日商簿記よりかは簡単。
  • 仕訳や計算のやり方が違う。
  • とくに勘定科目が日商簿記と全然違う。

とのことです。

どちらにせよ商業系の学生のために作られた資格なので、これを読んでる社会人のかたはあまり関係のない資格かもしれませんね!

全商簿記の詳細についてはこちら

 

簿記界の裏帝王でもある全経簿記(難易度★★)

恐らく簿記の資格の中でもっとも知名度が低いのが全国経理協会が主催する全経簿記。

しかしその知名度とは裏腹に全経簿記の上級を取得すると、税理士試験の受験資格が付与されるんです!

ちなみに日商簿記1級を取得しても同じように税理士試験の受験資格が付与されます。

そんな簿記界の裏帝王でもある全経簿記の合格率は下記の通り。

  • 上級→15%〜25%
  • 1級(商業簿記・会計学)→30%〜50%
  • 1級(原価計算・工業簿記)→30%〜50%
  • 2級(商業簿記)→40%〜60%
  • 2級(工業簿記)→80%〜90%
  • 3級→60%〜70%
  • 基礎→60%〜70%

全経簿記も日商簿記と比べて全体の合格率は高めです。

で、1級と2級を合格したぼくの感想といたしましては。

合格率からもわかるように全経簿記は日商簿記よりか取得しやすいと思います!

ぼくは日商簿記と同時進行で全経簿記を勉強していました。

同時進行って聞くとすごいことのように思いますが、全経簿記は日商簿記の知識があれば十分に合格できる資格でもあります!

もちろん勘定科目の違いなどはありますがね。

それでも全経簿記は問題集を解くだけで対応できるかなと思います!

全経簿記の詳細ついてはこちら

 

おわりに

いかがでしたか?今回は簿記の資格の種類についてざっくりと書かせていただきました。

どの主催で受験するかで合格率や特徴も異なるので、しっかりと確認してから勉強しましょう!

とは言ってもほとんどの人が日商簿記を受験すると思うので間違わないと思いますがねw

以上です。