どうも、1秒でも早く家に帰りたいなりじょし(@narijoshi0125)です。

じゃあなぜ1秒でも早く家に帰りたいか?

そりゃ愛する妻と愛する息子が家にいてるからじゃないですかーーー!

もちろん妻子がいてる全日本男児からしたら当たりまえの症状ですよね、1秒でも早く帰りたいと思うのは。

と、そんな妄想を頭の中で繰り広げていたらこんなニュースが。

え??????仕事が早く終わったにも関わらず家にまっすぐ帰らないのーーーーー?????しかもそんな男性をふらリーマンって言うの????

と、心中で猛烈に叫びましたよぼくは。

もちろん妻子がいてる全日本男児からしたら当たりまえの症状ですよね、1秒でも早く帰りたいと思うのは。

ぜひともこの勘違いしていた妄想の時間を返していただきたいw

しかもこんなデータまで取ってるみたいです。

フラリーマン

子どもと同居してなくての寄り道は100歩譲りましょう!でも本来はまっすぐ帰って奥さんとイチャイチャするんやで?わかりますか?

ただ子どもと同居してて寄り道が38.2%っておい!多すぎやろ!

しかも寄り道ってバッティングセンターやゲームセンターなど、じぶんの時間を満喫するって言う学生レベルの寄り道w

まぁたしかに、男性は仕事して稼いでくるってのが役割なんですけどね。そして仕事の疲れを癒すために、1人の時間を作るために寄り道する。

いや、わかりますよその気持ち!でもね、男性が仕事をしてる間に女性がどんなことしてるか想像できますか?

育児はもちろん、掃除、洗濯、買い物、料理、ゴミ出し、消耗品や食材の在庫管理、近所づきあい、家計簿、その他事務処理。

これ男性が1人でできるだろうか?まぁほとんどの男性が無理だろうね!特に38.2%の男性なんてコイキング1匹で四天王と戦うぐらいハードルが高いだろうねw

「共働きなんです。早く帰りすぎてしまうと、“ごはんを作る時間ないじゃない”って。“じゃあ手伝うよ”と、先に洗濯物を取り込んだり、ごはんの準備をしても“下手だね”と、あまりうまくいかなくて。であれば、妻に任せようと。」

ほら見てください、手伝おうとしたら逆に迷惑なパターン。そして奥さんに任せるパターン。仕事でもこんな感じなのだろうか...

だとしたら仕事もできない育児や家事もできないと言う最悪のパターンではないか!まぁあくまでも推測ですが。

女性ほどのクオリティまでとは言いませんが、家事と育児できるようにがんばろうよほんと。

 

おわりに

他のフラリーマンの一休さんばりの言い訳も紹介したかったんですが、あまりにもトンチがききすぎてぼくには理解不能でした。

なので今回はこの辺にしておきます。と、散々言っておきながらお前はどうやねん!ってツッコミがきそうなので念のため言っておきます。

ぼくは家にいてるときは育児もしますし料理もします。休みの日には妻と一緒に家の掃除もするし。そこそこやってるつもりです。

38.2%の人たちに比べたら。さらに育児に関してはこちらで育児日記を不定期で更新しています。

ということで妻子がいてる男性諸君は「寄り道せずにはよ家帰れ!中学生じゃあるまいし!」とだけ残しておきます。

以上、1秒でも早く家に帰りたいイクメンがお送りしました!