どうも、1歳1ヶ月の息子がいるなりじょし(@narijoshi0125)です。

ご察しの通り今回は子育てについて書きます。

おそらくこのブログでは初めての子育て記事になるので、内心はどんな反応があるのだろうか不安、ではないです。

ただイクメンの端くれとしてたまにTwitterで育児論をいてかましたら、想像以上に反響があったので記事にしてみようかなと思った次第でもあります。

子育ては大変!!!!!!

ってよく聞くじゃないですか。

アレ、ほんとです。子育ては嘘偽りなく大変です。

オムツを変えたり、ご飯をあげたり、お風呂に入れたり、着替えさせたり、一緒に遊んだり…

と、手がめちゃくちゃかかります。

夫婦の時間、自分の時間ってのはもちろん子供ができてからは減りました。

独身にも関わらず「時間がない!24時間じゃ足りない!」っていう輩は「ちょっとコイツ何言ってるかわからない。」案件ですよほんと。

あ、なんか愚痴になってるので次からええこと言います。

 

子育てをすることによって大人が大人になるんじゃないかと

さっきも言ったように子育ては手がかかるし、夫婦の時間、自分の時間ってものが減りました。

「子供ができてから自分の時間が減ったよー。えーーん。」って言うのは簡単です。

でも減った事実は変わらないわけで。じゃあその減りながらも限られた時間で「何をしなくて、何をするのか?」を考えるのが大切なんです。

こんな感じで頑張ってます。

感情的(負の方)になった時が1番の勝負所

子育てってほんと思うようにいかないんです。

昨日はこれをして喜んだのに、今日は全然喜ばない。

ご飯もあげたし、オムツも変えたのに機嫌が悪い。挙げ句の果てには大泣き。

普段はめったにイライラしない僕でもイライラするときも。

2つ前のツイートでも書いたように子育って試されてるんですよね、自分自身の器の大きさをというか懐の大きさというか。

で、誰しも子育てをしてたらイライラすることはあると思います。

(逆にイライラしない人っているのだろうか?)

そのイライラした時にその感情をどう処理するか?

それが正念場というか、いかに感情と向き合うか。

 

「喜び」のほうが圧倒的に多い

確かに子育ては大変なことも多いです。

でもそれ以上に「喜び」が多いのも事実。

産まれたばかりの時は何もできなかったのに、寝返り、お座り、離乳食、ハイハイ、つかまり立ちと、1つ1つ新しい事ができるように。

最近では自力で立って歩くようにもなったんです。もうそれを見るだけでご飯が何杯おかわりできることか。

仕事で嫌なことがあっても子供の笑顔や寝顔、成長する姿を見れば秒で吹っ飛びます。

ほんと子供のように喜ぶ大人になります。

あれ?子育てって大人が大人になるのでは…w

以上です。