どうも、プログラミングスクールに通ったことがあるなりじょし(@narijoshi0125)です。

まぁその名の通りプログラミング教室でプログラミングの勉強してたわけなんですがねw

関連記事:未経験の僕が大阪にあるテックキャンプの無料説明会に行ってきた!

それで突然ですが、CoderDojoという子供向け無料プログラミング道場を知っていますか?

え?プログラミング道場?ん?道場?

はい、道場です!教室ではなく道場です!

ん?じゃあ教室ど道場ってなにが違うの?

はい、そんなあなたに今回はCoderDojoのメンター(プログラミンの勉強をサポートする人)でもあるぼくが、子供向け無料プログラミング道場のCoderDojoについて書きます!

CoderDojo(コーダー道場)とは?

CoderDojo7~17歳の子どもを対象にした非営利なプログラミング道場です。

2011年にアイルランドから始まり、2017年には全国で107ヶ所以上、世界では1,400以上の道場が定期的に開催されていたりも。

そしてCoderDojoは「オープンソース」と呼ばれる文化に根付いたコミュニティであり、チャンピオン(Dojoの運営者)やメンターと呼ばれる全国各地の協力者によって自主的に運営されています。

オープンソースとは、人間が理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方。また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。

 引用元: IT用語辞典のオープンソースとはから

さらにチャンピオンやメンターには、プログラミングやHTMLのコーディングを仕事としているプロの方たちが多いですが、研究者や学生、写真家やアーティスト、起業家や経営者などの方々も参加されています。

CoderDojoで学べる言語

CoderDojoで学べる内容は道場ごとに異なり例えば、次の内容を学べる道場があります。

・Scratch, Hour of Code
・HTML, CSS, JavaScript
・PHP, Python, Ruby, Unity
・Arduino, Raspberry Pi など

道場ごとに内容も規模も異なりますが、どの道場でも主体的に学ぶ姿勢はとても大切です。

CoderDojoの特徴については下記のガイダンスから

 

CoderDojo大山のメンターをさせて頂いてます

色々ご縁がありまして現在ぼくは、CoderDojo大山(鳥取県)のメンターとして子供達のプログラミング学習をサポートさせて頂いております!

CoderDojo大山を立ち上げた理由

そこでCoderDojo大山のチャンピオンでもある前田海夢さん(@KaimuMaeta)に、CoderDojo大山を立ち上げた理由を聞いてみました。

2013年に政府が発表した「成長戦略の素案」の中で「義務教育段階からのプログラミング教育等のIT教育を推進」という記載があります。

そして2020年からは小学校でのプログラミング教育が必修科目化されます。

このような政府の発表を受け、都会のみならず地方でもプログラミングを教える塾がどんどん増えてき来ています。

また、多様化する社会情勢においてITやICTを活用して働いていける力というのは、今後更に重要度を増し場所の捉われない生き方をする上で有利になるスキルと言えます。

そこで私達CoderDojo大山は、鳥取という自然に恵まれた地域の中で、子供達にプログラミングを学んでもらいと思い設立させていただきました。

前田海夢さんは東京から大山町にUターンし、このCoderDojo大山以外にもCAMPFIRE×LOCAL鳥取のパートナーでもあり、米子市の商店街活性化に向けて動かれたりしています。

もう鳥取をおもしろくする為に、めちゃめちゃがんばっている人なんですよ!

関連記事:【イベントレポ】鳥取にもついに!CAMPFIRExLOCALが誕生!

CoderDojo大山で学べる言語

CoderDojo大山では主にHour of CodeScratchという言語を使って子供達にプログラミングを教えています!

Hour of Codeでは下記画像のようにアナ雪のキャラクターを使って、1つずつ課題をクリアしていき、プログラミングの基本を学びます。

アナ雪以外にもスターウォーズやマインクラフトのキャラクターを使った課題もあります。

なのでこれなら飽きずに、そして楽しみながらプログラミングを学ぶことができますね!

CoderDojoHourofCode

続いてScratchは、先ほど紹介したHour of Codeの応用編のような言語です。

このScratchはゼロからコードを書いたりして、オリジナルのゲームも作ることができます。

なので子供のみならず大人でも楽しめるような言語でもあります!

CoderDojoScratch

CoderDojo大山の様子

実際にぼくがメンターをさせて頂いているCoderDojo大山の様子を紹介します。

これは2回目の様子で、1回目の倍以上もの子供達や親御さんが参加してくれました。

参加された子供達はもちろんのこと、親御さんもメンター同様に必死にプログラミングを教える姿もまたCoderDojo道場ならではかなと思いました。

ふつうのプログラミング教室ではぜったいに見れない光景ですよねw

CoderDojo大山ではクラウドファンディングを使ってパソコン購入資金を集めいてます

このCoderDojoは非営利で運営しているため、資金を確保するのがとても難しいのが現状です。

そんな事情もありCoderDojo大山で使っているパソコンは、全てメンターが過去に使っていたパソコンや現在使っているパソコンを使ってプログラミングを教えています。

なので少し古いパソコンだったり、OSもバラバラで格好がつきません。もちろんできなくもないのですが...

今まで非営利で気軽に参加できるプログラミング道場が鳥取県には殆ど無く、先日第一回目を開催したばかりにも関わらず多くの反響を頂き、次回(2017/11/19)は1回目の倍の規模で開催させて頂く事になりました。

また、【参加したい!】というお子さんだけでなく【運営に参加したい!】という方からもお声を頂き、

現在は西伯郡の大山町だけですが日野郡や米子市でも開催をするべく準備を進めております。

(【CoderDojo 奥大山】を日野郡に作るべく動き始めました!)

ゆくゆくは、鳥取県内全域にこの道場を広げていきたいと思っております。

そこで、CoderDojo Daisenで子ども達に貸し出すパソコンを購入する為の費用を集めたいと思っております。

引用元: 県内初のプログラミング道場で、子どもに無料で貸し出すPCを買い揃えたい!より

CoderDojo大山のクラウドファンディングの詳細はこちらから。

プログラミングのスーパー中学生が鳥取に来ます!!!

CoderDojo

なんと12月23日(土)に他県のCoderDojoで活躍する、中学生でメンターもこなすジュニアメンターが鳥取に来ます。

交流がメインとのことなので、CoderDojoやプログラミングのことをジュニアメンターに聞いてみるのもいいかもしれませんね!

詳細はこちらから。

 

おわりに

CoderDojoはよくあるプログラミング教室ように先生が一方的に教えるスタイルではなく、子供達が自発的に行動しそして考えながらプログラミングの勉強をするスタイルです。

なのでメンターでもあるぼく自身が子供達から気づきや学びを教わることもありました。

ほんと子供達と一緒に自分も成長させてくれるって感じです。

まぁあと純粋に子供達に教えたり戯れたりするのは楽しいですね!

以上です。