プログラミング未経験の僕がテックキャンプで挫折した原因

プログラミングスクール

どうも、なりさんです。

この記事を書いてるちょうど2年前に、僕はテックキャンプというプログラミングスクールに通っていました。

そして現在はテックキャンプで学んだプログラミングスキルを駆使し、フリーランスとして月収100万円稼いでいます。

って言うのは嘘で。

(すいませんw)

駆使するどころから、途中で挫折してしまいました。

そこで今回は、プログラミング未経験の僕がプログラミングスクールのテックキャンプで挫折した原因を分析してみました。

テックキャンプに限らず、これからプログラミングスクールに通う人の参考になればなと思います。

※記事冒頭にも書いたように2年前の体験談です。現在はカリキュラムやシステムが変わってるかと思います。

テックキャンプに通えば何とかなる思っていた

はい、テックキャンプに通えば勝手にプログラミングスキルも身につき、転職またはフリーランスとして活躍できると思っていました。

しかも「フリーランスになる!」とか「転職活動の時の売りにするぞ!」みたいな明確な目標や、通う理由があればいいんですが。

当時の僕はというと、

「なんかプログラミングを勉強しておけば稼げそう。」

「なんかプログラミング流行ってるしプログラミングスクールに通ってみよう。」

「ブログでワードプレスを使ってるしそんなに苦労しないだろう。」

のようなチャラチャラした理由で通っていました。

甘い、ほんと甘いよね、当時の僕はw

なのでこれからプログラミングスクールに通う人は、明確な目標や通う理由をしっかり持って通うとをオススメします。

作りたいサイトやアプリがなかった

なんせ通う理由がチャラチャラしてたんで、プログラミングを使って作ってみたいサイトやアプリなんて当然ありませんでした。

僕はWEBアプリケーションというコースを学んでいました。

HTML、CSS、Rubyを学び、最終的にはTwitterのような仕組みを作ることが可能でした。

Twitterみたいなアプリを作れるってめっちゃすごくないですか?

にも関わらず当時の僕はこれといって作りたいサイトやアプリがありませんでした。

もし、「こんなサイトやアプリを作ってみたい!」という願望があれば、挫折せずにすんだかもしれません。

テックキャンプに通う前にプログラミングの勉強をしなかった

確かにテックキャンプもふくめ、口コミやブログ等でプログラミング未経験でも通うことが可能と言われたります。

確かに、テックキャンプの教材はわかりやすくて、プログラミングの知識がなくてもカリキュラムを進めることができると思います。

とは言ってもですよ。

もう1回言います。

とは言ってもですよ。

さすがにテックキャンプのわかりやすい教材におんぶに抱っこじゃダメです。

いや、おんぶに抱っこでもいいんですよ。

でも、テックキャンプに通う前にプログラミングの知識は、ぜっっっっったいに頭の中に入れておいたほうがいいです。

テキストを買ってまでとは言いません。

今なら(2年前もあったと思いますが当時は知りませんでした。)プロゲートという、無料でプログラミングの基礎が学べるサイトもあります。

※有料プランにすれば基礎以上のことが学べます。

プロゲートはプログラミングの基礎を学ぶには最適だと思うので、プログラミングスクールに通う前に活用することをオススメします。

おわりに

せっかくお金を払ってまでプログラミングを学ぶのであれば、作品としてサイトやアプリを作ったり、転職活動に活かしたいですよね。

そのためにはやっぱり明確な目標や通う理由を持って通うのが1番です。

僕のようにチャラチャラした理由で通うと絶対に挫折しますw

これからプログラミングスクールに通う人は、ぜひ挫折しないようにがんばってください。

応援しています。

ということで僕も、こちらの記事【社会人の僕がフリーランスになる為にデジタルハリウッド(STUDIO米子)を利用しようと思った理由】で書いたように、また(w)スクールに通うので、始まるまでの間に先ほど紹介したプロゲート使ってプログラミングの基礎を学んでいます。

今度は明確な目標を持って通うので絶対に挫折しませんので!