どうも、職業訓練に通っていたなりじょし(@narijoshi0125)です。

突然ですが職業訓練を知っていますか?

おそらく名前は知ってはいるものの、あまりよく知らないって言う人がほとんどですよね。

ぼくも実際に会社を辞めて、ハローワークで雇用保険や失業保険の手続きをするまで職業訓練のことは全然知りませんでした!

正直なところ「職業訓練って専門学校とどう違うの?受講料を払わなければいけないの?」って思ってたんです。

でも職業訓練の制度を知れば知るほど「これは通うしかない!」と思ったので実際に通うことにし先日無事に修了することができました!

そして今回は職業訓練を実際に受講し修了したぼくが職業訓練についてと職業訓練でやっとことを書きます!

職業訓練とは?

職業訓練

就職支援のための訓練施設

雇用保険を受給している求職者を対象に、国や地方公共団体が就職を支援するために訓練を行なっています。

雇用保険?って思われたかたは会社の給料明細に「雇用保険料」という項目があります。

その「雇用保険料」に金額が記載されていたら雇用保険に加入していることになり、雇用保険の制度を受給できる資格が与えられます。

もちろんこの職業訓練は誰でも受講できるわけではなく、選考するための試験もありますし、1度職業訓練を受講し修了してから1年未満の人は受講できなかったりといった条件があります。

とは言っても受験みたいにガチな試験ではないのでご安心を!

ぼくの場合は面接だけでした。主に質問された内容は「受講する目的は?」や「次はどうのような仕事をしたいのか?」とごく普通です。

なのでそんなに気構えなくても大丈夫!

参考記事:ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練)|厚生労働省

基本的に無料で受講できる

ぼくも勘違いしてたんですけど、職業訓練を受講するのはお金がかかると思っていたんですよね。

でも職業訓練は基本的に無料で受講できるのが1番のメリット。

なので「退職して学校に行きたいけどあんな高い授業料は払えない!でも勉強したい気持ちはめちゃくちゃある!」って人にはめっちゃ良い制度!

ただテキスト代や資格取得のための試験代は自己負担になるのでご注意ください。

関連記事:ネガティブ思考の僕が無職でも平常心を保ちながらポジティブに過ごせる4つの理由

IT系から介護、事務といった幅広い分野のコースがある

訓練って聞くと何が学べるからいまいちピンとこないですし、なんか堅苦しいイメージですよね!

でもこの職業訓練はIT系から介護、事務といった幅広い分野のコースが受講できます。

もちろん地域によって学べる分野はさまざまで、しかも受講期間もコースによってバラバラ。

なので下記のサイトや管轄のハローワークで確認することをオススメします!

参考記事:公共職業訓練コースの検索について|厚生労働省

失業保険を受給しながら受講できる

職業訓練

この職業訓練は失業保険を受給できる資格があれば、失業保険を受給しながら受講できちゃうんです。

もっとわかりやすく言うとお金をもらいながら勉強ができる!ということ!

意外にこの「失業保険を受給しながら受講できる。」ことを知らない人が多いんじゃないかなって思います。

ぼくも知りませんでしたw

こういうのは学校で教えるべきなんじゃね?って思います。

なのでこの記事を読んで初めてこの制度を知ったあなたはラッキーですねw

正確に言うと「失業保険」と言う名前は存在しません。雇用保険のなかの失業給付等のことを通称して言います。

参考記事:雇用保険手続きのご案内|ハローワーク

就職を支援してくれる

1人で就職活動をするのは不安ですよね。しかも初めての転職だともっと不安ですよね。

そこで職業訓練では1人1人の希望にあった仕事の紹介やキャリア相談、そして履歴書や面接の練習などをしてくれる就職支援員があなたをサポートしてくれます!

これは訓練期間中に限らず、訓練修了後も求人を紹介してくれたり、現在の活動状況を聞かれたりとけっこう至れり尽くせりです。

関連記事:鳥取で仕事を探すのときに転職サイトではなくハローワークを使う理由

「学校」とは事情が違うのでそこはしっかり理解する

職業訓練といってもぼくたちが知っている学校とは少しちがいます。といっても勉強したり作品を作ることに関して言えば一緒なんですが。

なにが違うかって言うとまずは無料で受講できるということ!そして失業保険を受給しながら受講できることです!

これはあなたが雇用保険料を払ってきた分から賄っているわけではなく、いま一生懸命働いてる人たちがあなたの代わりに雇用保険料を払い、そして賄っているんです。

そこをしっかりと理解した上で訓練にはマジメにのぞむこと。もちろんやむを得ない事情を除く遅刻や欠席を厳禁!

そもそも遅刻や欠席をすると失業保険の受給額が少なくるので、学生の時みたいサクッと休むのはあまりオススメできません。

関連記事:鳥取に移住するため年収400万円を捨て無職になってわかった3つのこと

 

実際に職業訓練でやったことと作品を紹介

職業訓練

職業訓練でやったこと

ぼくはWebデザインというコースを受講し、上記のように4ヶ月間でかなり濃い内容のことを勉強させていただきました!

ただ、ぼくが職業訓練で学んだWebデザインコースはどちらかというと基礎のレベル。

なのでこの4ヶ月間学んだだけでWeb業界にすぐ就職できるかと言ったらそうでもないわけなんです!

と言ってもぼくは地方在住なのでそもそもWebの仕事が少ないのもありますw

逆に都会ならWebの仕事がたくさんありそうなので、職業訓練からのWeb業界に転職はありえるかもしれませんね。

仮想のWebサイトを作成

ぼくが受講していたWebデザインコースでの課題では、仮想のWebサイトを作成することを目標に勉強をしていました!

言うなれば卒業制作的なやつです。

そこで実際にぼくが作った仮想のWebサイトの1部を紹介させていただきます。

職業訓練作品

これはただ単にサイトを作ったのではなく、サイトマップの制作からワイヤーフレームを制作したりと、実際にお客さんから依頼されたことを想定して制作。

メニューやお問い合わせフォームなどを合わせると6ページぐらい作りました。

他にもJavaScriptを使ってサイトに動きを持たせてみたり、下記のようにスマホに対応(レスポンシブデザイン)させるようなコーディングも可能に。

職業訓練作品

スマホ対応にするのはほんとうに苦労しましたねw

それでも1つのWebサイトを作るという貴重な経験ができたので、なにか今後のスキルとして活かしたいなと思っています!

関連記事:未経験の僕が大阪にあるテックキャンプの無料説明会に行ってきた!

資格取得にもチャレンジ

職業訓練資格

さらにぼくが受講していたWebデザインコースでは、先ほど紹介した課題以外にも任意で資格を取得することもできます!

ぼくは今回のWebデザインで学んだ内容に合わせ5種類の資格の勉強をし、無事に取得することができました。

この資格取得もけっこう大変で、Webサイトを制作しながら同時進行で勉強をしなければいけませんでした。

なのでときには訓練校に残って勉強したりと学生さながらのことをしてましたねw

ほんと4ヶ月という短い期間でしたが、内容が濃すぎてあっという間に終わってしまった印象です。

おかげで本来は訓練期間中に就職活動もするべきなんですが、それを犠牲にまでして課題の制作や資格の勉強に励んでいましたw

 

まとめ

職業訓練

ざっとまとめるとこんな感じです。

「会社を退職したらすぐに転職!」もぜんぜんアリです。むしろ収入の確保や現場感を重視すると言った面では転職すべきです。

でもせっかく雇用保険の制度を使って学べるの機会があるのならば、自分を見つめ直す期間として職業訓練に通うのもアリなんじゃないかなって!

場合によっては失業保険を受給しながらも学ぶことも可能です。しかも新しいスキルを学ぶことによって転職活動にプラスになる可能性もあります!

さらに受講生には様々な年齢の人や色んな職種を経験してる人もいます。そう言った意味でも新しい人脈も増えたりと。

ただ、雇用保険の手続きや失業保険の受給条件は少しややこしいので、管轄のハローワークに行き直接話を聞くことをオススメします!