どうも、プログラミング未経験でテックキャンプに通っていたなりじょしです!

ぼくはテックキャンプでWEBアプリケーションというコースを1ヶ月間受講していました。

ただ1カ月が過ぎて必要最低限のカリキュラムは終えたものの、自分のサービスを作ることができないという結果に。

もっと言うとプログラミングと言うものをあまりちゃんと理解しないまま挫折という形で1ヶ月が過ぎてしまいました。

なので今回はプログラミング未経験のぼくがなぜテックキャンプを挫折したのかを分析して記事にします!

これからプログラミング未経験でテックキャンプを受講しようとしているあなたの参考になればなと。それではどうぞ!

関連記事:未経験の僕が大阪にあるテックキャンプの無料説明会に行ってきた!

プログラミングが完全に未経験過ぎた

ぼくが受講していたWEBアプリケーションコースで学べる言語はRuby、RubyonRails、HTML、CSSの4種類。

その中でもHTMLとCSSに関してはブログをやっていることもありそんなに苦労しないかと思いました。

ただHTMLとCSS以外のRuby、RubyonRailsは今まで勉強したこともなければ聞いたこともない状態。

ただテックキャンプでは未経験からエンジニアに就職や転職した人がいたり、初心者でもわかりやすい教材があるので未経験でもなんとかなるだろうと安易に考えていました。

そして結果は見事に全く無知の状態であったRuby、RubyonRailsで壁にぶち当たるという。

特にRubyonRailsは「ちょっと何言ってるかわからない」レベル。笑

それでもわからないなりにとりあえず一通りのカリキュラムは終えようと必死にがんばりました。

そして記事の初めにも言ったように必要最低限のカリキュラムは終えたものの、復習する時間もないまま1ヶ月が過ぎてしまった。笑

なのでぼくのようにプログラミングが未経験なのであれば自分でプログラミングの本を買ったり、プロゲートのような低料金でプログラミンが学べるサービスを使ったりして知識を蓄えてからテックキャンプを受講することをオススメします!

 

スケジュールを上手く立てれなかった

他の受講者さんの体験談を見ると、どうも学習スケジュールと言うのやらを立ててたらしい。なぜ立ててたらしいのか?

当時のぼくは時間があればとりあえず勉強する方針でした。そして他の受講者さんの体験談を見たのは受講終了間近のとき。笑

いわゆる時すでに遅しというやつ...

本来であれば自分の仕事のスケジュールと調整し、一日に勉強する時間をスケジュール帳などに書き込んでカリキュラムを進めるのが1番効率のいい学習方法です。

要するに自分でプログラミング学習の時間割を作るのが理想だったわけ。

と言うよりもそれぐらいちょっと考えたらわかることやろ!と当時のぼくに言ってやりですよほんと。

なので社会人であれば就業時間、学生であれば学校の時間割やアルバイトのスケジュールを軸に、1日にどれくらいの勉強時間を確保できるのかを把握する。

そして確保する時間を決めたらできる限り受講終了まで、その決めた時間を守って学習するのがオススメです!

 

明確な目標がなかった

プログラミングを学んでどうしたいのか?」「プログラミングを学んでどんなサービスた作品を作りたいのか?

このような目標がぼくにはなかった。ただなんとなくブログやSNSでプログランミングと言うワードが話題やし、なんとなく稼げそうやしという意識低め理由でなんの目標も立てずに受講していました。

そのせいで勉強しててもあんまり楽しめず「やりたい!」より「せっかくお金払ったしやらなければ...」と言う勉強するには非効率な考えかたに。

なのでテックキャンプに限らずに他のプログラミングスクールでも、おおまかな目標や作りたいサービスを持って受講するこをオススメします!

目標があればモチベーション維持にもつながるのでね!

 

まとめ

もちろん個人差はありますが、ぼくのようにプログラミング未経験かつ受講前になんの準備をしていなければ挫折する確率が高くなります。

なのでプログラミングスクールを受講する前にはいきなり受講するのではなく、ある程度プログラミングの知識をつけてから挑むことをオススメします!

あなたもぼくのようにならないことを願って以上です。