どうも、大阪から鳥取に移住したなりじょしです。

「移住って移住してからが大変そう。」みたいに言われます。

いや、ちょっと待って。それより移住する前もけっこう大変だったり。

移住も引越しとおなじで手続きもありますし、もちろん移住なので今住んでる場所を離れるわけです。

そしたら今住んでる場所が都会であれば移住する前に都会でしかできないことや、やるべきことがあります。

さて今回はぼくが大阪から鳥取に移住する直前にやったことをまとめてみました。

今後、移住を検討されるかたはぜひ参考にしてみてください!

関連記事:社会人のぼくが大阪から鳥取に移住を決断できた5つの理由と3つの不安

1、会社を辞める

もちろんいま勤めている会社は辞めなくてはいけませんね。

ぼくも実際に4年勤めていた会社を辞めました。

関連記事;鳥取に移住するため年収400万円を捨て無職になってわかった3つのこと

当たりまえと言っちゃ当たりまえなんですが。

ぼくの中で移住よりもこの会社を辞めることが1番ハードルが高かったし、辞めるまでのモチベーションを維持するのがなかなか難しかった。

 

2、税金関係の処理

移住にかかわらず会社を辞めると市民税や年金、健康保険を今後どうしていくのか決めなければいけません。

すでに移住先で働く会社が決まっていたらほぼほぼ問題ないのですが、ぼくみたいに無職だとちょっとめんどう。

市民税は普通徴収にするのか?一括徴収にするのか?

年金は払うのか?免除するのか?

健康保険は国民健康保険にするのか?任意継続にするのか?

他にも失業保険をもらうのか?

ほんと会社を辞めるって大変w

下記のサイトが退職後の手続きについてとてもわかりやすくまとめてあります。

参考記事:退職したら最初に見るサイト

もし国民健康保険に変更するときは会社から【健康保険・厚生年金保険資格喪失等確認通知書】というのをもらわなければなりません。

離職票はふつうであれば会社が勝手に送ってくれるのですが、この【健康保険・厚生年金保険資格喪失等確認通知書】はこちらから会社に言わないともらえません。

退職してから会社に連絡するのがイヤだという人は必ずもらいましょう!

あわせて源泉徴収票ももらっておくことをオススメします。

次の会社もしくは確定申告の際に必要なので。

あ、あと今住んでる場所の役所に行って転出届ももらっておきましょう!

移住先で住所変更をする際に必要なので。

 

3、断捨離

この際なんで使わない物、サービス、ポイントカードなどありとあらゆるものを捨てましょう。

ぼくは大阪に住んでいたので大きなゴミは不用品回収会社のおまかせリサイクルを利用しました。

いちおう市でも回収してくれるのですが、料金の札を貼ったりするのがめんどくさかった。

だからこのおまかせリサイクルの「軽トラ積み放題」というサービスを使って、ふつうのゴミでは捨てれない大きいゴミを捨てました。

そしてぼくの場合は普通車のレンタカーを大阪で借りて鳥取で返す「乗り捨て」というサービスを利用する予定でした。

なので、できる限り普通車に入るぐらいの荷物にしたかったというのもあります。

ぼくが利用した乗り捨てはニッポンレンタカーのワンウェイ・レンタルというサービスを使いました。

営業所によってはこのワンウェイ・レンタルを行っていない場合がありますのでご注意を。

 

4、住所変更

移住先の住所が決まっているのであれば、移住する前に現在登録しているサービスの住所を変更しておきましょう。

ぼくが実際に変更したのは、銀行、クレジットカード、ネットショップ、証券会社。

すべてネットでできるのでサクッと済ませておきましょう。

場合によって銀行や証券会社は書面での手続きが必要なことがあります。

ぼくが使ってるカブドットコムでは書面での手続きが必要でした。

参考記事:氏名や住所、国籍など変更する際は、どのような手続きが必要ですか?

あわせて日本郵便でできる転居・転送サービスの手続きもしておきましょう。

このサービスを使うと届出日から1年間、今住んでいるところの住所に届いた郵便は、次の移住先(引越し先)に届くとゆう便利なサービスなんです。

 

5、光熱水費の手続き

当たりまえといえば当たりまえのことなんですが、ぼくの場合ちゃんとした引越しは今回が初めてなんでメモとして書かせていただきました。

こちらもネットで手続きできるので早めに処理しておきましょう。

大阪ガスの場合はこちら→ガスのご使用中止の流れ

関西電力の場合はこちら→引越しのお手続き

 

6、貯金をしておく

移住先で仕事が決まってる決まってない関わらず貯金はしておいたほうがいいです。

ぼくは心配性なんで200万円を貯金して移住しました。

関連記事:元経理が教えるよ!貯金200万円を達成するまでにした10の習慣と考え方

移住してからも何かとお金が出ていく恐れがあるので。

ぼくの場合は車を買わなければいけなかったので、貯金をしててほんとに良かったなと。

 

7、今を楽しむ

言わずもがな移住をすれば今住んでいる場所に帰ることはほとんどありません。

もし今住んでいる場所が都会であれば、都会にしかない施設やお店に行っておくべきです。

なぜなら地方には都会の施設やお店が無い恐れがあるので。というかありませんw

ほんと都会が嫌になるぐらい、そして悔いのないように惜しみなく都会を楽しみましょう。

 

まとめ

今回のやるべきことは移住直前のことを中心に書きました。

移住してからもやる事がたくさんあるのですが、意外に移住する前もやる事がたくさんあったりです。

まぁやる事と言ってもふつうの引越しとさほど変わらないのでご安心を。

とくに今住んでる場所でしかできない手続きがある場合は要注意です。

移住してからだとかなりややこしくなるので。

移住後の生活も大切ですが、移住前の生活も大切にしましょう!

 

以上です。