社会人のぼくが大阪から鳥取に移住を決断できた5つの理由と3つの不安

スポンサーリンク

どうも、大阪在住歴28年のなりじょしです。

ぼくは2017年の4月から妻の里帰り出産を機に大阪から鳥取に移住しました。

そして参考程度にTwitterでこんなアンケートをしてみた。

ぼくの思っていた以上にあるが多くてビックリでした。

これは実際、都会から地方に移住する人が増え移住という言葉が身近になったからなのかなって。

それで今回は、「移住に興味はあるけどほんとのところはどうなの?」「移住を決断できた理由は?」「不安とかはないの?」と思ってる人にぼくが移住を決断できた5つの理由と3つの不安を書きます。

まずは決断できた理由からどうぞ!

 

食材のおいしさと鮮度がハンパない

ぼくが移住した鳥取県は日本海という大きな海に面してます。

ということは海が近いので魚が新鮮でめっちゃおいしいのです。

だから今までぼくが大阪で見てきたスーパーの魚たちとは輝きと鮮度がまったくちがう。

野菜も大きく色鮮やか、でも値段は大阪と変わらないのでコスパ最強。

大げさに聞こえるかもしれませんがほんとなんです。

たしかに大阪にはおいしいお店がたくさんあります。

でも、毎日外食!なんてわけにはいきませんよね。

そうすると1年のほとんどは家で食べるのがふつう。

だったら新鮮でおいしい食材を使った料理を食卓に並べられたらよくないですか?

下の2つの記事はぼくが実際に行ったお店の食レポです。

どのお店も雰囲気と味は最高でした!

関連記事:【鳥取グルメ】都会じゃ味わえない!伯耆町(ほうきちょう)の八郷の里は雰囲気が最高!

関連記事:【鳥取グルメ】雰囲気と味は最高!智頭町の山菜料理みたき園は山菜嫌いでも食べれるうまさ!

 

子育てには最強の自然トリプルスリー

鳥取県にはがすべてそろってます。

ただただぼくは子供が産まれたら、子供とこの自然のトリプルスリーを堪能したい。

大人になるとなかなか自然と触れあう機会なんてありませんよね。

とくに都会に住んでいて自然と触れあおうと思ったら、車で何時間も走らなければならない。

しかも渋滞に巻き込まれて時間とお金を浪費してイライラの悪循環。

で、ぼくは子供に都会のすばらしさより、自然のすばらしさを知ってほしいと思ったわけです。

 

人が温かい

ぼくは今まで地方の人は都会の人に冷たいイメージがあったんです。

でも鳥取県で出会った人はすべて温かった。

初めて会うのにおいしい料理もごちそうしてくれるし、高そうなカニも漁師つながりでふつうにおすそ分けをしてくれるし。

もちろん妻の知り合いということもありますが。

それにしても大阪ではこんなカニのような豪華なおすそ分けはもらったことがない。

そのぶんコミュニティみたいなのが強固になってめんどくさいところもありそうですが。

あと鳥取県には美人も多いですよーw

関連記事:移住してわかった鳥取に美人が多い理由と鳥取出身の美人芸能人を紹介しようと思う

 

大阪に飽きてしまった

もう大阪で行くところがないんですよね。

まぁ大阪で行ってない場所もあるのですが、だからといって行きたいわけでもない。

だから最近は「大阪に飽きたよねー」と夫婦ともどもよくつぶやいてます。

あと、どこ行っても並んでるしね。

 

鳥取は妻の出身地

これが1番大きい理由でもあります。

やっぱり夫や妻、彼氏彼女のどちらかの出身が地方であれば、自然とその場所に遊びに行ったり帰省したりすることが増える。

そうなればその土地の良いところや悪いところが見えたりしますよね。

もちろんその土地が気にいるか気にいらないかは人それぞれですが。

遊びに行っただけじゃ見えないところがあるのも事実。

それでもぼくは心の底から鳥取県が気に入ってしまった。

 

次は不安なこと!

 

車問題

大阪ではレンタカーとカーシェアを乱用してました。

さすがに鳥取ではそんわけにはいきません。

車がぜったい必要です。

って思ってるでしょ?

はい、ぼくは自転車で行動する気満々です。

妻も「いけるいけるー」って言うので、それを信じて自転車で行けるところは自転車で行動します。

車もそうやけど結局「みんながそうしてるからそうやろ」みたいな感じなんですよ人って。

だって車の免許のない鳥取県の学生は自転車で行動してますからね。

じゃあ車が無くても生きていけないことはないかなって。

まずは移住してみて「車がないとやっぱり不便」と感じたら買うことを検討しようかなと思います。

移住して3日目で不便と感じ、28万円という激安の中古車を買いましたw

関連記事:地方で中古車を安く購入するためにズバット車販売を使ってみた結果

 

世間体問題

おすそ分けのところでコミュニティのお話はしました。

そして都会より世間がせまいのが地方です。

たぶん悪いことをしたら瞬時にバレるでしょうねw

で、これは実際にあった話です。

なんと妻の知り合いのお父さんが仕事中にパチンコをしてて、それを誰かに見られて会社をクビになったりとかw

だから浮気とかできないですね。

いや、そんなゲスなことはしませんよ。

 

仕事問題

なんやかんでやこれが1番の不安要素でしょうね。

いろんな人に聞かれます。

移住したら仕事はどうするん?」「そもそも仕事あるん?」って。

それはこっちが聞きたいよー」と思っちゃうんですよねw

あ、でもまったく調べてないわけじゃありません。

実際に調べてみたらハローワークや転職、派遣サイトの求人にはちゃんと募集はしてあります。

関連記事:移住者が厳選した鳥取に営業所(オフィス)がある人材派遣会社5つ紹介するよ!

だから職種を選ばなければ仕事はあるということ。

賃金は低いけどねー。

 

おわりに

ぼくは移住先の鳥取県に帰省もふくめて10回しか訪れてません。

それで地方のなにがわかるんや!」と言われたらそれまでです。

でも、昔にくらべたら移住のハードルは低くなってると思います。

場所によっては移住者が増えてる地域もある。

とは言っても移住して実際に住んでみないとわからないのがほんとのところ。

そしてぼくが移住するところは限界集落のような場所ではありません。

地方都市という地方でも便利な場所に移住しました。

だから生活に必要な施設やお店はじゅうぶんにあります。

じゃないと暮らしていける自信はないですw

 

もしかしたら都会のほうがいいと思うかもしれない。

 

やっぱり地方に住むのはしんどいと思うかもしれない。

 

そして移住に対してネガティブなイメージを持つ人もいてます。

 

それでも移住したいと思うなら移住してみたらいいと思います。

 

ちょっと投げやりですが最後はノリと勢いで決めるのもたいせつかなと。

 

以上!

スポンサーリンク